研究・業績

現在進行中の研究

コンピュータ支援検出/診断ソフトウェアの開発および臨床使用に関する共同研究 2012/6/29

過去の研究業績

2019年

受賞

1. 星合壮大:第78回日本医学放射線学会総会 Cypos賞 Bronze

2. 齋田 司:2019 年12月 Certificate of merit and identified for Radiographics, The105th Annual meeting of Radiological Society of North America (RSNA).

3. 高橋宏彰:Certificate of Merit (2019 RSNA, Chicago)

4. 高橋宏彰:日本医学放射線学会板井研究奨励賞

5. 星合壮大:打田賞、第33回腹部放射線学会

論文発表

1. Kino H, Akutsu H, Tanaka S, Hara T, Miyamoto H, Sakamoto N, Takano S, Masumoto T, Shiigai M, Ishikawa E, Matsumura A: Endoscopic endonasal cyst fenestration into the sphenoid sinus using the mucosa coupling method for symptomatic Rathke’s cleft cyst: a novel method for maintaining cyst drainage to prevent recurrence. J Neurosurg. 2019 Nov;1:1-11.

2. Joraku A, Hatano K, Kawai K, Kandori S, Kojima T, Fukumitsu N, Isobe T, Mori Y, Sakata M, Hara T, Nasu K, Minami M, Iizumi Y, Nishiyama H: Phase I/IIa PET imaging study with 89zirconium labeled anti-PSMA minibody for urological malignancies. Ann Nucl Med. 2019 Feb;33(2):119-127.

3. Hoshiai S, Masumoto T, Hanaoka S, Nomura Y, Mori K, Hara T, Saida T, Okamoto Y, Minami M: Clinical usefulness of temporal subtraction CT in detecting vertebral bone metastases. Eur J Radiol. 2019 Sep;118:175-180.

4. Hoshiai S, Hiyama H, Kawasaki H, Saitoh H, Mori K, Nasu K, Amano T, Minami M: Mass-forming hepatic cryptococcosis: a mimicker of metastatic tumors. Abdom. Radiol. (NY)2019 Feb; 175-180

5. Nakagomi M, Kajiwara M, Matsuzaki J, Tanabe K, Hoshiai S, Okamoto Y, Terada Y: Development of a small car-mounted magnetic resonance imaging system for human elbows using a 0.2 T permanent magnet. J Magn Reson. 2019 Jul;304:1-6.

6. Chou W, Ishiguro T, Mori K, Kojo K, Kojima T, Kakeya H: Automatic kidney segmentation in CT images based on histogram equalization and multiscale neural network. J.JSCAS.2019 21(4):271-272. Doi: org/10.5759/jscas.21.271

7. Tabei T, Nakaigawa N, Kaneta T, Ikeda I, Kondo K, Makiyama K, Hasumi H, Hayashi N, Kawahara T, Izumi K, Osaka K, Muraoka K, Teranishi JI, Miyoshi Y, Yumura Y, Uemura H, Kobayashi K, Inoue T, Yao M: Early assessment with 18F-2-fluoro-2-deoxyglucose positron emission tomography/computed tomography to predict short-term outcome in clear cell renal carcinoma treated with nivolumab. BMC Cancer. 2019 Apr;2;19(1):298.

8. Iizuka H, Daisaki H, Ogawa M, Yoshida K, Kaneta T: Harmonization of standardized uptake values between two scanners, considering repeatability and magnitude of the values in clinical fluorine-18-fluorodeoxyglucose PET settings: a phantom study. Nucl Med Commun. 2019 Aug;40(8):857-864.

9. Mikami T, Koyama A, Hashimoto K, Maegawa J, Yabuki Y, Kagimoto S, Kitayama S, Kaneta T, Yasumura K, Matsubara S, Iwai T: Pathological changes in the lymphatic system of patients with secondary upper limb lymphoedema. Sci Rep. 2019 Jun;11;9(1):8499.

10. Sakakura K, Tsurubuchi T, Masumoto T, Muroi A, Ishikawa E, Matsumura A: Primary cavernous sinus germinoma with atypical extension pattern: a case report and review of the literature. Childs Nerv Syst. 2019 Sep;35(9):1615–1619.

11. Nishio N, Kido A, Minamiguchi S, Kiguchi K, Kurata Y, Kameyama Nakao K, Kuwahara R, Yajima R, Otani S, Mandai M, Togashi K, Minami M: MR findings of uterine PEComa in patients with tuberous sclerosis:report of two cases. Abdom Radiol. 2019 Apr;44(4):1256-1260. doi: 10.1007/s00261-019-01918-3. 

12. Hiyama H, Sekiya K, Kuno H, Oda S, Kusumoto M, Minami M, Kobayashi T: Imaging of extracranial head and neck lesions in cancer patients: a symptom‑based approach. Jpn J Radiol 2019;37:354-370. 2019 May;37(5):354-370.

13. Fukuda K, Mori K, Hasegawa N, Nasu K, Ishige K, Okamoto Y, Shiigai M, Abei M, Minami M, Hyodo I: Safety margin of radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma: a prospective study using magnetic resonance imaging with superparamagnetic iron oxide. Jpn J Radiol 2019 Jul;37(7):555-563.

14. Yamamoto R, Kaminishi Y, Konishi T, Nakajima T, Abe T, Hiramatsu Y, Mori K: Hybrid surgical and endovascular repair for anastomotic pseudoaneurysms after total arch replacement. Minim Invasive Ther Allied Technol. Epub ahead of print (web掲載4ページ), 2019 Oct;(30):1-4

15. Makihara T, Okamoto Y, Yoshizawa T, Tanaka K, Ogawa T, Minami M, Yamazaki M: Change in MRI findings of medial collateral ligament injury in adolescent baseball players with no clinical symptoms over time. Skeletal Radiol 2019;48:1925-1932  2019 Dec;48(12):1925-1932. doi: 10.1007/s00256-019-03231-y. Epub 2019 May 23.

16. Oshida N, Shida T, Oh S, Kim T, Isobe T, Okamoto Y, Kamimaki T, Okada K, Suzuki H, Ariizumi SI, Yamamoto M, Shoda J: Urinary Levels of Titin-N Fragment, a Skeletal Muscle Damage Marker, are Increased in Subjects with Nonalcoholic Fatty Liver Disease. Sci Rep. 2019 Dec; 20;9(1)

17. Makihara T, Okamoto Y, Yoshizawa T, Tanaka K, Ogawa T, Minami M, Yamazaki M: Change in MRI findings of medial collateral ligament injury in adolescent baseball players with no clinical symptoms over time. Skeletal Radiol. 2019 Dec;48(12):1925-1932.

18. Oh S, Oshida N, Someya N, Maruyama T, Isobe T, Okamoto Y, Kim T, Kim B, Shoda J: Whole-body vibration for patients with nonalcoholic fatty liver disease: a 6-month prospective study. Physiol Rep. 2019 May;7(9)

19. Sakai M, Mori K, Hoshiai S, Kikuchi S, Hoshi T, Sato A, Ohtani M, Minami M: Successful transarterial embolization of coronary artery fistula with ruptured aneurysm: A case report. Radiol Case Rep. 2019;14(1):126-128.

20. Saida T, Sakata A, Tanaka YO, Och Hi, Ishiguro I, Sakai M, Takahashi H, Satoh T, Minami M: Clinical and MRI Characteristics of Uterine Cervical Adenocarcinoma: Its Variants and Mimics. Korean J Radiol. 2019 Mar;20(3):364-377.

21. Takahashi H, Sekino Y, Mori K, Okumura T, Nasu K, Fukuda K, Masuoka S, Iizumi T, Hasegawa N, Sakurai H, Minami M: Indicator for local recurrence of hepatocellular carcinoma after proton beam therapy: analysis of attenuation difference between the irradiated tumor and liver parenchyma on contrast enhancement CT. Br J Radiol. Epub 2019 Nov;7.

22. Takahashi H, Mori K, Sekino Y, Okumura T, Hiyama T, Fukuda K, Hasegawa N, Sakai M, Kikuchi S, Takei Y, Iizumi T, Sakurai H, Minami M: Angiographic findings in patients with hepatocellular carcinoma previously treated using proton beam therapy. J Oncol. vol. 2019 Jul; Article ID 3580379, 7 pages, 2019.

23. Takahashi H, Hara T, Suzuki H, Hashimoto R, Minami M: FDG-PET/CT demonstrates splenic angiosarcoma bone marrow metastasis. Clin Nucl Med. 2019 Jul; 12.

24. Takahashi H, Kiyoshima M, Kaburagi T, Hoshiai S, Mori K, Koyama K, Iijima T, Ishiguro T, Hosokawa T, Minami M: Influence of radiologic expertise in detecting lung tumors on chest radiographs. Diagn Interv Imaging 2019;100:95-107. 2019 Feb;100(2):95-107.

25. 増本智彦: 【脳腫瘍診断update2020】上衣系腫瘍,脈絡叢腫瘍,その他の脳室内腫瘍. 画像診断 2019 1月号;40(1):47–57.

26. 増本智彦、南 学: 典型的な脳幹形態を示した延髄・脊髄優位型Alexander病の1例. CI研究 2019 6月号;41(1):41–4.

27. 山浦正道、福田 邦明、森 健作、廣瀬 優、佐藤 雅志、遠藤 壮登、山田 武史、長谷川 直之、石毛 和紀、兵頭 一之介、溝上 裕士:仮性動脈瘤胆道穿破の2例、日本胆道学会誌2019(33):768-776.

28. 酒井正史、那須克宏、檜山貴志、石黒聡尚、森 健作、小田竜也、坂下信悟、南 学:Polycystic liver diseaseとの鑑別が困難であった腎癌の同時性嚢胞性肝転移の1例. 臨床放射線2019 6月号;64(7):897-901.

著書、編著

1. 星合壮大: 腹部CTの読み方・考え方、腹部CTの読み方がわかる! レジデントノート.羊土社(東京)2019 7月号;21(6):1060-1066

2. 武井洋平、小川 健、岡本嘉一: スポーツ外傷・障害の画像診断 -肘関節- 画像診断.学研メディカル(東京)2019;553-562

3. 岡本嘉一: 小型モバイルMRIを用いたスポーツ障害診断の未来 インナービジョン(東京)2019; 62-65

4. 齋田 司: JSAWI発一冊でわかる婦人科腫瘍の画像診断 Ⅳ.初回診断と治療後画像フォローアップ 6.卵巣腫瘍(性索・間質性腫瘍).文光堂(東京)2019;79-80.

5. 齋田 司: JSAWI発一冊でわかる婦人科腫瘍の画像診断 Ⅴ.画像診断ピットフォールB. 疾患1.子宮頸部. 文光堂(東京)2019;114-115.

6. 齋田 司: 産婦人科診療のdecision makingのためのMRI・CT. Ⅳ.悪性腫瘍の診療方針決定のための画像診断 6)子宮頸癌放射線治療後の残存病変の画像診断.金原出版(東京)2019 6月臨時増刊号;898-904.

学会発表

1. Mori K, Saida T, Hoshiai S, Shibuya Y, Obata M, Hamada H, Satoh T, Minami M: Collateral arteries toward the gravid uterus in placenta accreta spectrum: a case-control study using unenhanced magnetic resonance angiography. European Congress of Radiology (Vienna)2月、2019

2. 星合壮大、増本智彦、花岡昇平、野村行弘、森 健作、岡本嘉一、斎田 司、原 唯史、古西崇寛、南 学: 脊椎骨転移の検出における経時差分CT画像の有用性評価.第78回日本医学放射線学会総会(横浜)4月、2019

3. 黒田順士、倉田昌直、高橋一広、下村 治、森 健作、小田竜也: 大量肝切除の門脈塞栓術(PVE)による安全性の向上.第119回日本外科学会定期学術集会(大阪)4月、2019

4. Okamoto Y, Minami M, Shimizu Y, Mutsuzaki H, Yatabe K, Muraki I, Nakajima K: Characteristics of MRI findings of upper extremities of Wheelchair Users .JSMR 30th annual meeting( Hiroshima)5月、2019

5. 澁木紗季、齋田 司、上牧 隆、新開統子、那須克宏、増本智彦、高安 肇、南 学: 葛西手術後34年目に発見された肝細胞癌の1例. 日本超音波医学会第92回学術集会 (東京)5月、2019

6. 澁木紗季、齋田 司、上牧 隆、新開統子、星合壮大、南 学: 術前診断が困難であった肝間葉性過誤腫の1例. 日本超音波医学会第92回学術集会 (東京)5月、2019

7. 宮坂祐輔、齋田 司、大平健司、細川崇洋、佐藤裕美子、住田 亙、田波 穣、川嶋 寛、小熊栄二: 肝円索膿瘍の一例. 日本超音波医学会第92回学術集会 (東京)5月、2019

8. 菊地俊介、森 健作、武井洋平、吉田美貴、内川容子、倉持正志、大坂基男、宮坂祐輔、石黒聡尚、星合壮大、増本智彦、榎戸 翠、酒井正史、南 学: 異時的に生じた肝動脈、深大腿動脈の感染性動脈瘤に対して塞栓術を施行した一例.第48回日本IVR学会総会(福岡)5月、2019

9. 武井洋平、森 健作、菊地俊介、吉田美貴、宮坂祐輔、酒井正史、石黒聡尚、星合壮大、増本智彦、南 学、榎戸 翠、大坂基男: 脾動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の際に生じたII型エンドリークに対して逆行性に塞栓した一例.第48回日本IVR学会総会(福岡)5月、2019

10. 澁木紗季、齋田 司、志鎌あゆみ、坂下麻衣、坂田晃子、吉田美貴、岡本嘉一、佐藤豊実、南 学: 急速な進行を示したPeutz-Jeghers症候群合併胃型粘液性癌の1例Rapidly progressive gastric-type mucinous carcinoma of the uterine cervix associated with Peutz-Jeghers syndrome: A case report. 第33回日本腹部放射線学会(山口)6月、2019

11. 田中優美子、近藤 譲、新井ゆう子、市川良太、西田正人、櫻井 学、坂田晃子、松岡亮太、齋田 司、佐藤豊実、野口雅之、南 学、松枝 清: 画像でFemale adnexal Tumor of Wolffian Origin(FATWO)の予後推定は可能か?第33回日本腹部放射線学会(山口)6月、2019

12. 天野太史、那須克宏、星合壮大、森 健作、南 学: 術前診断が可能であった横隔膜由来後腹膜気管支原性嚢胞の一例.第33回日本腹部放射線学会(山口)6月、2019

13. 高橋宏彰、益岡壮太、坂下信悟、関野雄太、高橋一広、奥村敏行、那須克宏、森 健作、南 学: 陽子線照射後の肝細胞癌の再発診断におけるDWI/ADC map併用の有用性の検討.第33回日本腹部放射線学会(山口)6月、2019

14. 星合壮大、檜山貴志、川崎晋司、斉藤仁昭、天野太史、那須克宏、森 健作、南 学: 肝クリプトコッカス症の一例.第33回腹部放射線学会(山口)6月、2019

15. 森 健作: あなたならどうするヒヤリハット症例.第31回関東IVR研究会(東京)7月、2019

16. 澁木紗希、齋田 司、星合壮大、森 健作、増本智彦、佐藤豊実、南 学: 卵巣癌肉腫の画像所見. Japanese society for the advancement of women’s imaging(JSAWI)第 20回 シンポジウム(淡路島)9月、2019

17. 齋田 司: 画像診断ピットフォール:疾患編 子宮頸部 Japanese society for the advancement of women’s imaging(JSAWI)第 20回 シンポジウム. (淡路島)9月、2019

18. 澁木紗季、齋田 司、南雲義之、上牧 隆、石黒聡尚、那須克宏、根﨑里美、坂本 規彰、西山博之、南 学: 右水腎症を伴う後腹膜神経鞘腫の一例. 日本超音波医学会 第31回関東甲信越地方会学術集会(東京)10月、2019

19. 漆原愛子、齋田 司、星合壮大、上牧 隆、坂東裕子、河合 瞳 、森 健作、増本 智彦: 術後3年で多発肝肺転移を認めたHER2陰性非浸潤性乳管癌の1例. 日本超音波医学会第31回関東甲信越地方会学術集会(東京)10月、2019

20. 澁木紗季、齋田 司、上牧 隆、武井洋平、菊地俊介、増本智彦、小島崇宏、坂本 規彰、西山博之、南 学: 多房嚢胞性腎細胞癌と鑑別が困難であった播種性若年性黄色肉芽腫症の腎病変の一例.日本超音波医学会第31回関東甲信越地方会学術集会(東京)10月、2019

21. 酒井正史、辰野 聡、原田 舟、石黒聡尚、檜山貴志、西村文吾、増本智彦: 口腔底癌術後の皮弁に生じ局所再発との鑑別を要し、気道狭窄をきたしたfibroepithelial polypの1例. 第55回日本医学放射線学会 秋季臨床大会(名古屋)10月、2019

22. Saida T, Ochi H, Ishiguro T, Sakai M, Hoshiai S, Hara T, Satoh T, Minami M: Teratoma: various manifestations and complications. The105th Annual meeting of Radiological Society of North America(RSNA)(Chicago)12月、2019

23. Takahashi H, Hiyama T, Sekino Y, Okumura T, Kuno H, Nasu K, Mori K, Fukuda K, Iizumi T, Masuoka S, Hosokawa T, Sakurai H, Minami M: Imaging of Hepatocellular Carcinoma Treated by Proton Beam Therapy: What Radiologists Should Know. The Radiological Society of North America (RSNA) (Chicago)12月、2019

講演

1. 岡本嘉一: クラウドファンディングを用いたMRI 野球肘検診車制作と少年スポーツ改革.山梨MRI技術研究会(山梨)1月、2019

2. 金田朋洋: 脳核医学. 第19回日本核医学会春季大会 核医学指導者コース (東京)4月、2019

3. 金田朋洋: 脳核医学. 第19回日本核医学会春季大会 核医学専門医受験者コース (東京)4月、2019

4. 金田朋洋: 頭頸部癌、悪性リンパ腫. PET読影セミナー (東京)5月、2019

5. 岡本嘉一: 教育講演 肘関節 – 基礎から最新知見まで -.骨軟部放射線セミナー(仙台)8月、2019

6. 増本智彦: 脳卒中診療におけるMRIの役割. 第13回東京脳卒中の血管内治療セミナー(東京)9月、2019

7. 増本智彦: 脳腫瘍の画像診断(MRI を中心に).ゲルベ・ジャパン社内研修会 (茨城)9月、2019

8. 岡本嘉一: 教育講演 骨軟部 2 上肢.磁気共鳴医学会(熊本)9月、2019

9. 岡本嘉一: 教育講演 上肢関節の画像診断~MRI画像を中心に~.茨城県南技師基礎講習会(つくば)9月、2019

10. 岡本嘉一: 学童年代のサッカー選手の怪我とその予防.つくば少年少女スポーツ障害予防研究会市民公開講座(つくば)10月、2019

11. 増本智彦: 高精細画像に期待すること ~脳脊髄の領域を中心に~.キャノンメディカルシステムズ研修会(栃木)11月、2019

12. 岡本嘉一: 教育講演 MRI を用いた骨格筋微小解剖の解析. ARIHHP コーチングカフェ(つくば)11月、2019

13. 岡本嘉一: 教育講演 上肢関節の画像診断~MRI画像を中心に~.茨城県南技師基礎講習会(日立)11月、2019

14. 金田朋洋: 核医学総論・内用療法. 第7回放射線科レジデントセミナー (東京)12月、2019

15. 岡本嘉一: 時短練習と試合数の大幅減が生んだ選手たちへの計り知れない好影響.西武ライオンズ埼玉ベースボールサミット(埼玉)12月、2019

テレビ出演

1. 岡本嘉一: タイトル「小型MRIで”野球肘”予防」4月24日(水)NHK おはよう日本

外部資金獲得

1. 岡本嘉一: 「学童スポーツ選手の親に障害予防について科学的に正しい知識を提供する」一般財団法人 YS市庭コミュニティー財団助成金

2018年

受賞

1. 星合壮大:日本医学放射線学会総会 Cypos賞 Bronze

2. 星合壮大:第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会イメージインタープリテーションセッション成績優秀者2位

3. 高橋宏彰:第54回日本医学放射線学会秋季大会 優秀展示賞 Bronze

論文発表

1. Takahashi H, Kiyoshima M, Kaburagi T, Hoshiai S, Mori K, Koyama K, Iijima T, Ishiguro T, Hosokawa T, Minami M: Influence of radiologic expertise in detecting lung tumors on chest radiographs. Diagn Interv Imaging. 2018 Sep 25. pii: S2211-5684(18)30222-5. doi: 10.1016/j.diii.2018.08.015. [Epub ahead of print]

2. Ito Y, Tsuruta W, Nakai Y,Takigawa T,Marushima A, Masumoto T, Matsumaru Y, Ishikawa E, Matsumura A: Treatment Strategy Based on Plaque Vulnerability and the Treatment Risk Evaluation for Internal Carotid Artery Stenosis. Neurol Med Chir (Tokyo) 2018 May 15;58(5):191-198.

3. Masuda Y, Akutsu H, Ishikawa E, Matsuda M, Masumoto T, Hiyama T, Ymamamoto T, Kohzuki H, Takano S, Matsumura A: Evaluation of the extent of resection and detection of ischemic lesions with intraoperative MRI in glioma surgery: is intraoperative MRI superior to early postoperative MRI? J Neurosurg 2018 Aug 1;1–8.

4. Nakao T, Fukushima H, Fukushima T, Suzuki R, Hosaka S, Yamaki Y, Kobayashi C, Iwabuchi A, Imagawa K, Sakai A, Shinkai T, Masumoto K, Sakashita S, Masumoto M, Sumazaki R, Sakurai H: Interinstitutional patient transfers between rapid chemotherapy cycles were feasible to utilize proton beam therapy for pediatric Ewing sarcoma family of tumors. Reports Pract Oncol Radiother 2018 Sep-Oct 23;(5):442–450.

5. Sakai M, Mori K, Hoshiai S, Kikuchi S, Hoshi T, Sato A, Ohtani M, Minami M: Successful transarterial embolization of coronary artery fistula with ruptured aneurysm: A case report. Radiol Case Rep. 2018 Oct 26;14(1):126-128.

6. Takahashi H, Masuoka S, Nasu K, Mori K, Kojima T, Fukuda K, Takahashi K,
Ishiguro T, Hosokawa T, Minami M: Sorafenib-induced Prostate Volume Reduction, a New Adverse Effect Detected by Imaging: A Pilot Study. Journal of Belgian Society of Radiology. 2018 Oct 26;102(1):69. doi: 10.5334/jbsr.1607.

7. Yoshizawa T, Okamoto Y, Tanaka K, Makihara T, Tonoe T, Minami M, Yamazaki M: Normal imaging laterality on magnetic resonance imaging of the medial epicondyle of the elbow on the dominant side of adolescent male baseball players. Skeletal Radiol. 2018 Sept;47(9):1237-1244.

8. Tsukagoshi Y, Kamada H, Takeuchi R, Nakagawa S, Tomaru Y, Kamegaya M, Nishino T, Okamoto Y, Mishima H, Yamazaki M: Three-dimensional MRI analyses of prereduced femoral head sphericity in patients with developmental dysplasia of the hip after Pavlik harness failure. J Pediatr Orthop B. 2018 Sep;27(5):394-398

9. Shida T, Akiyama K, Oh S, Sawai A, Isobe T, Okamoto Y, Ishige K, Mizokami Y, Yamagata K, Onizawa K, Tanaka H, Iijima H, Shoda:  J. Skeletal muscle mass to visceral fat area ratio is an important determinant affecting hepatic conditions of non-alcoholic fatty liver disease. J Gastroenterol. 2018 Apr;53(4):535-547

10. Saida T, Nakao S, Tanaka YO, Yano Y, Satoh T, Minami M: Urachal mucinous adenocarcinoma in the pelvic wall mimicking endometriosis. Radiol Case Rep. 2018 Aug 3;13(5):955-959.

11. 増本智彦: 【中枢神経領域における紛らわしい画像所見】脳腫瘍の紛らわしい画像所見. 臨床放射線 2018 6月号;63(6):675–83.

12. 増本智彦: 【実地医家のための画像診断実践ガイド】頭部 腫瘍 脳実質内外腫瘍. Med Pract 2018;35(臨時増刊号):48–55.

13. 森 健作:  Refresher course子宮動脈塞栓術前の非造影MRA.画像診断2018 9月号38(10):1089-1098

著書、編著

1. 増本智彦:  他のモダリティ(特にMRI)による脳腫瘍の評価. 松田博史, 玉岡 晃, 柴田 靖編. 臨床医・RI技師のための脳SPECTパーフェクトガイド.メディカ出版(大阪) 2018;25–32.

2. 増本智彦:  病変は血管支配域に一致するか? 山田 惠, 編. 画像所見から絞り込む!頭部画像診断やさしくスッキリ教えます.羊土社(東京) 2018; 122–7.

3. 原 唯史:  Ⅱ.呼吸器疾患の主な検査 3.画像診断 4)呼吸器核医学検査
呼吸器内科 第34巻 特別増刊号 呼吸器内科診療マニュアル. 科学評論社, (東京)2018;114-120.

4. 齋田 司:  今月の臨床「症例検討会で突っ込まれないための“実践的”婦人科画像の読み方」9.部位別各論:子宮体部 子宮筋腫と肉腫の鑑別. 臨床婦人科産科 医学書院(東京)2018;72(9)

5. 岡本嘉一:  肘関節 症例から迫る!関節疾患のMRI診断新入門. 臨床画像メディカルビュー(東京)2018;34 ( 5 ):530-539

学会発表

1. Okamoto Y, Minami M, Makihara M, Tanaka K, Tomohiro Yoshizawa T, Tohnoe T, Kanahori T, and Kawamura T:  Is it possible to treat avulsion fracture of medial epicondyle as osteochondrosis in thrower’s elbow? 第29回骨軟部放射線研究会(長崎)1月、2018

2. Okamoto Y, Hoshiai S, Minami M, Makihara T, Tanaka K, Yoshizawa T, Tanabe K, Nakagomi M, Terada Y:  Development of a compact car-mountable MRI system for screening of human extremities using 0.2T permanent magnet. 第29回骨軟部放射線研究会(長崎)1月、2018

3. 坂倉和樹、増田洋亮、石川栄一、松田真秀、阿久津博義、寺元洋平、増本智彦、松村 明: 前頭葉実質内病変患者の術前後DTTにおけるfrontal aslant tractの検討. 第47回日本神経放射線学会(茨城)2月、2018

4. 松下 明、五月女康作、丸島愛樹、増本智彦、上野友之、河本浩明、中井 啓、鶴嶋英夫、羽田康司、山海嘉之、松村 明: 脳卒中急性期における機能と構造のネットワーク変化. 第47回日本神経放射線学会(茨城)2月、2018

5. 原 拓真、阿久津博義、高野晋吾、木野弘善、坂本規彰、服部圭一郎、坂田麻美子、千葉 滋、檜山貴志、増本智彦、松村 明: CTNNB1遺伝子変異Craniopharyngiomaの画像所見. 第47回日本神経放射線学会(茨城)2月、2018

6. 五月女康作、松下 明、丸島愛樹、増本智彦、石川栄一、鶴嶋英夫、山崎正志、松村 明: 亜急性期脳卒中患者におけるロボットスーツHAL治療期間中の脳機能の側性変移: an fMRI case. 第47回日本神経放射線学会(茨城)2月、2018

7. 上月暎浩、阿久津博義、松田真秀、増本智彦、石川栄一、松村 明:前庭神経鞘腫の術後画像評価についての検討. 第47回日本神経放射線学会(茨城)2月、2018

8. 原田 舟、石黒聡尚、増本智彦、南 学: 両側椎骨動脈の大動脈起始の1例. 第47回日本神経放射線学会(茨城)2月、2018

9. 石森貴夫、新藤雅司、森 健作、宮田真理子、絹村恵美、西野雅子、山田功二、横田浩: 呼吸停止下心電同期併用 3D Balanced Renal MRA 撮像の試み. 第74回日本放射線技術学会学術大会(横浜)4月、2018

10. 星合壮大、増本智彦、花岡昇平、野村行弘、岡本嘉一、原 唯史、菊地俊介、南 学: Evaluation of Temporal Subtraction CT for detection of vertebral bone metastases. 第77回医学放射線学会総会(横浜)4月、2018

11. 原田 舟、齋田 司、田中優美子、志鎌あゆみ、石毛和紀、坂田晃子、尾松公平、高澤 豊、南 学: 膵管内乳頭粘液性腺癌(IPMC)の卵巣転移の2例.  第32回日本腹部放射線学会(鎌倉)5月、2018

12. 宮坂祐輔、齋田 司、那須克宏、坂下信悟、小田竜也、南 学: 慢性膵炎に認められ腫瘍との鑑別が困難であった結節状正常膵組織の一例.  第32回日本腹部放射線学会(鎌倉)5月、2018

13. 酒井正史、那須克宏、檜山貴志、南 学: Polycystic liver diseaseとの鑑別が困難であった腎癌の同時性嚢胞性肝転移の1例. 第32回日本腹部放射線学会(鎌倉)5月、2018

14. 益岡壮太、那須克宏、高橋宏彰、酒井正史、石黒聡尚、森 健作、 南 学: 体質性ICG排泄異常症のGd-EOB-DTPA造影MRI所見. 第32回日本腹部放射線学会(鎌倉)5月2018

15. 星合壮大、那須克宏、森 健作、檜山貴志、宮坂祐輔、野原誠太郎、石井一弘、玉岡 晃、北口大地、久倉勝治、佐藤泰樹、南 学: 重症筋無力症を合併した小腸間膜濾胞樹状細胞肉腫の1例. 第32回日本腹部放射線学会(鎌倉)5月、2018

16. 菅谷陽平、上牧 隆、高柳雄大、中山 霞、太田真希、中島真名美、根崎里美、高野千明、中島英樹、飯田典子、齋田 司: 両側精巣原発悪性リンパ腫の1例. 第43回日本超音波検査学会学術集会(大阪)5月、2018

17. 武井洋平、石黒聡尚、酒井正史、檜山貴志、辰野 聡、南 学: 転移性多形腺腫の 1例. 第47回 頭頸部・胸部画像研究会(東京)5月、2018

18. 吉田美貴、齋田 司、千葉史子、川見明央、椎貝真成、原田 舟、古西崇寛、増本 幸二、南 学: 外傷を契機に発症した副脾捻転の一例. 日本超音波医学会第91回学術集会(神戸)6月、2018

19. 原田 舟、齋田 司、金子 剛、山浦正道、吉田美貴、坂下信悟、南 学: 成人腸重積症をきたした回腸原発炎症性筋線維芽細胞性腫瘍の一例. 日本超音波医学会第91回学術集会(神戸)6月、2018

20. 澁木紗季、齋田 司、志鎌あゆみ、戒能賢太、原 唯史、佐藤泰樹、矢野陽子、佐藤豊実、南 学: 甲状腺機能亢進症を呈した卵巣甲状腺腫の一例.Japanese Society for the Advancement of Women’s Imaging(JSAWI)第19回シンポジウム.(淡路島)9月、2018

21. 澁木紗季、齋田 司、上牧 隆、南雲義之、西山博之、南 学: 腎結核の一例.
日本超音波医学会第30回関東甲信越地方会学術集会(東京)10月、2018

22. 高橋宏彰、 益岡壮太、那須克宏、森 健作、 南 学: 前立腺萎縮―ソラフェニブによる新たな画像所見の報告. 第54回日本医学放射線学会秋季大会(福岡) 10月、2018

23. 天野太史、菊地俊介、榎戸 翠、酒井正史、児山 健、星合壮大、森 健作、南 学: 上十二指腸動脈によって栄養される尾状葉の肝細胞癌に対して 超選択的化学塞栓療法を実施した一例. 第54回日本医学放射線学会秋季大会(福岡) 10月、2018

24. 酒井正史、檜山貴志、斎田 司、石黒聡尚、高橋宏彰、南 学: ICUにおけるポータブル胸部単純写真での異常ガス像. 第54回日本医学放射線学会 秋季臨床大会(福岡)10月、 2018

25. 原田 舟、齋田 司、明石義正、上牧 隆、澁木紗季、益岡壮太、森 健作、奈良坂 俊明、坂本規彰、南 学: 巨大ブルンネル腺過形成の1例. 日本超音波医学会 第30回関東甲信越地方会学術集会(東京)10月、2018

26. 益岡壮太、齋田 司、森田篤志、影山あさ子、上牧 隆、岩淵 敦、南 学: 運動後急性腎不全を発症した腎性低尿酸血症の1例. 日本超音波医学会 第30回関東甲信越地方会学術集会(東京)10月、2018

27. 益岡壮太、齋田 司、瓜田泰久、酒井正史、増本幸二、南 学: 超音波が診断に有用であった尿膜管遺残膿瘍の1例. 日本超音波医学会 第30回関東甲信越地方会学術集会(東京)10月、2018

28. 澁木紗季、齋田 司、上牧 隆、南雲義之、西山博之、南 学: .腎結核の一例. 日本超音波医学会 第30回関東甲信越地方会学術集会(東京)10月、2018

29. 宮坂祐輔、齋田 司、上牧 隆、熊野皓一郎、石黒聡尚、川松夏実、明石義正、南 学.: 胃神経鞘腫の1例. 日本超音波医学会 第30回関東甲信越地方会学術集会(東京)10月、2018

30. 益岡壮太、星合壮大、椎貝真成、児山 健、飯嶋達生、高橋宏彰、石黒聡尚、南 学: 仮性動脈瘤を伴った肺放線菌症の3例. 第32回 胸部放射線研究会プログラム(福岡)、10月、2018

31. Saida T, Harada S, Ochi H, Tanaka YO, Hara T, Hoshiai S, Ishiguro T, Takahashi H, Satoh T, Minami M: Metastatic ovarian tumors; Imaging findings with new concepts. The104th Annual meeting of Radiological Society of North America(RSNA)(Chicago)11月、2018

32. Sakai M, Hiyama T, Saida S, Ishiguro T, Takahashi H, Minami M: Thoracic abnormal air collections in intensive care unit: Radiograph findings correlated with CT. The104th Annual meeting of Radiological Society of North America(RSNA)(Chicago)11月、2018

33. 渡邊淳之、加藤秀之、松原宗明、野間美緒、森 健作、堀米仁志、平松祐司: 子宮体癌を発症した未治療成人ファロー四徴症に対して根治術の後子宮体がん手術を行い救命し得た1例. 第178回日本胸部外科学会関東甲信越地方会(東京)11月、2018

34. 宮坂祐輔、齋田 司、加藤貴康、那須克宏、南 学: 腎移植後に発生した移植後リンパ増殖性疾患の1例.第454回日本医学放射線学会関東地方会(東京)12月、2018 

講演

1. 増本智彦: 脳腫瘍 診断から治療まで 2016年の病理改定を踏まえて. 画像診断.第31回JCRミッドウィンターセミナー(福岡)1月、2018

2. 南 学: Where is your mother?: imaging of solitary abdominal metastasis and clinical pearls for the correct diagnosis. National University of Singapore Noon Conference(Singapore)1月、2018

3. 南 学: Imagine the invisible!: Imaging of the peritoneum. Tan Tock Seng Hospital Morning Conference(Singapore)1月、2018

4. 南 学: Imaging of abdominal autoimmune diseases, Case conference. Changi General Hospital lecture(Singapore)1月、2018

5. 南 学: New CT/MR T-staging methods in gastric and colorectal cancers. Singapore National Cancer Centre(Singapore)1月、2018

6. 南 学: Interesting cases from Japan. Tan Tock Seng Hospital Morning (Singapore)2月、2018

7. 南 学: Imagine the invisible!: Imaging of the peritoneum. National University of Singapore Noon Conference (Singapore)2月、2018

8. 南 学: New CT/MR T-staging methods in gastric and colorectal cancers. Dr. Cipto Mangunkusumo Hospital Morning Conference (Jakarta, Indonesia)2月、2018

9. 南 学: Imaging of abdominal autoimmune diseases. Dr. Cipto Mangunkusumo Hospital Noon Conference (Jakarta, Indonesia)2月、2018

10. 南 学: Imagine the invisible!: Imaging of the peritoneum. Dr. Cipto Mangunkusumo Hospital Morning Conference (Jakarta, Indonesia)2月、2018

11. 南 学: Where are you from? CT/MR determination of the origin of abdominal tumors. Dr. Cipto Mangunkusumo Hospital Noon Conference (Jakarta, Indonesia)2月、2018

12. 南 学: Where are you from? CT/MR determination of the origin of abdominal tumors. Padjadjaran University Hospital Noon Conference (Bandung, Indonesia)2月、2018

13. 南 学: CT diagnosis of non-neoplastic bowel diseases. Abdominal CT & US Imaging Congress (Jakarta, Indonesia)2月、2018

14. 南 学: Imagine the invisible!: Imaging of the peritoneum. Abdominal CT & US Imaging Congress (Jakarta, Indonesia)2月、2018

15. 増本智彦: 中大脳動脈領域の動静脈と脳の解剖. 第47回日本神経放射線学会 教育セミナー(茨城)2月、2018

16. 岡本嘉一: 肘関節. 日本医学放射線学会関東地方会セミナー(東京)2月、2018

17. 増本智彦: 脳実質内腫瘍の画像をどう考えるか ~WHO2016分類をふまえて~.
第17回TNR倶楽部 特別講演(東京)3月、2018

18. 南 学: 遺伝性腫瘍症候群: mini lecture. 第328回Body CT道場(東京)4月、2018 

19. 南 学: Where are you from?: CT/MR determination of the origin of abdominal tumors. ASAR 3rd Educational Lecture Course (Singapore)5月、2018

20. 南 学: Hereditary tumor syndrome. ASAR 3rd Educational Lecture Course (Singapore)5月、2018

21. 星合壮大、森健作: CTガイド下肺生検の現状. Lung Cancer and CT-Guided Biopsy Seminar(つくば)5月、2018

22. 増本智彦: 腫瘍に類似する疾患の画像診断. 神経疾患に親しみ強くなる会/第11回教育セミナー(東京)6月、2018

23. 南 学: Esophageal & Junctional carcinoma: treatment planning & multidisciplinary management Postgraduate course in ESGAR 2018(Dublin, Ireland)6月、2018

24. 那須克宏: 上腹部MRIを支えるパラメーター、もう1ランク上の画像を得るためにしっておくべきこと、そしてそれを使うべき臨床的状況について. 茨城MRI情報交換会(つくば)6月、2018

25. 増本智彦: 脳腫瘍のCT・MRI所見をどう解釈するか? 第74回関東脳神経外科懇話会 特別講演(東京)7月、2018

26. 岡本嘉一: 手・肘関節の MRI~局所解剖と病態の理解~. 第29回骨軟部放射線診断セミナー(大阪)8月、2018

27. 増本智彦: WHO分類の変遷をふまえて考えるグリオーマの画像診断. 第46回日本磁気共鳴医学会大会 ランチョンセミナー(石川)9月、2018

28. 増本智彦: 脳腫瘍のMRI所見をどう解釈するか? 第46回日本磁気共鳴医学会大会 教育講演(石川)9月、2018

29. 南 学: Where is your mother? 腹部画像診断で迷子にならないために. 平成30年長崎大学医学部放射線医学教室同門(長崎)9月、2018

30. 南 学: Where is your mother? 腹部画像診断で迷子にならないために. 第46回上方レントゲンカンファレンス(大阪)9月、2018

31. 増本智彦: 頭部CT・MRIの気になる所見 それ本当に異常ですか?第8回読影アシスタント研究会 特別講演(茨城)11月、2018

32. 南 学: Imaging of peritoneal carcinosis 48th Societa Italiana di Radiologia Medica(Genova, Italy)11月、2018

33. 増本智彦: 中枢神経系救急疾患の画像診断. 第6回茨城MRIプライベートセミナー 特別講演(茨城)12月、2018

34. 星合壮大: 膵癌の画像診断. 読影の補助に関する講習会(つくば)12月、2018

35. 岡本嘉一: 次世代型少年野球チームの取り組みと少年野球改革. 第6回日本野球科学研究会(つくば)12月、2018

2017年

受賞

1. 星合壮大:Best of British Journal of Radiology.2017

2. 高橋宏彰:茨城県立中央病院 臨床研究最優秀賞.2017

3. 齋田 司:Certificate of merit, The103th Annual meeting of Radiological Society of North America (RSNA)12月、2017

4. 檜山貴志:Certificate of merit, The103th Annual meeting of Radiological Society of North America (RSNA)12月、2017

論文発表

1. Hoshiai S, Mori K, Ishiguro T, Konishi T, Uchikawa Y, Fukuda K, Minami M: Balloon-assisted chemoembolization using a micro-balloon catheter alongside a microcatheter for a hepatocellular carcinoma with a prominent arterioportal shunt: a case report. Cardiovasc Intervent Radiol 2017;40(4): 625-628

2. Mori K, Saida T, Sato F, Uchikawa Y, Konishi T, Ishiguro T, Hiyama T, Hoshiai S, Okamoto Y, Nasu K, Minami M: Endoleak detection after endovascular aneurysm repair using unenhanced MRI with flow suppression technique: feasibility study in comparison with contrast-enhanced CT. Euro Radiol 2017; 27(1): 336-344

3. Saida H, Ishikawa E, Sakamoto N, Hara T, Terakado T, Masumoto T, Akutsu H, Shibuya M, Yamamoto T, Takano S, Matsumura A: Intradiploic Arachnoid Cyst with Meningothelial Hyperplasia. A Case Report. NMC case Rep J 2017;4(1):19–22.

4. Tanaka K, Okamoto Y, Makihara T, Maehara K, Yoshizawa T, Minami M, Yamazaki M: Clinical interpretation of asymptomatic medial collateral ligament injury observed on magnetic resonance imaging in adolescent baseball players. Jpn J Radiol 2017;35(6):319-326.

5. Oh S, So R, Shida T, Matsuo T, Kim B, Akiyama K, Isobe T, Okamoto Y, Tanaka K, Shoda J: High-Intensity Aerobic Exercise Improves Both Hepatic Fat Content and Stiffness in Sedentary Obese Men with Nonalcoholic Fatty Liver Disease. Sci Rep2017;22(7):43029.

6. Tsukagoshi Y, Kamada H, Takeuchi R, Nakagawa S, Tomaru Y, Kamegaya M, Nishino T, Okamoto Y, Mishima H, Yamazaki M:Three-dimensional MRI analyses of prereduced femoral head sphericity in patients with developmental dysplasia of the hip after Pavlik harness failure. J Pediatr Orthop B 2017 Sep; 13. [Epub ahead of print]

7. Shida T, Akiyama K, Oh S, Sawai A, Isobe T, Okamoto Y, Ishige K, Mizokami Y, Yamagata K, Onizawa K, Tanaka H, Iijima H, Shoda J: Skeletal muscle mass to visceral fat area ratio is an important determinant affecting hepatic conditions of non-alcoholic fatty liver disease. J Gastroenterol 2017 Aug; 8. [Epub ahead of print]

8. 星合壮大、佐藤始広、児山 健、高橋宏彰、大越 靖、飯嶋達生、南 学:肝内に髄外性腫瘤を形成した多発性骨髄腫の1例. 臨床放射線2017;62(6):791-795.

9. 増本智彦: 【症例から学ぶMRIの基礎-臨床に直結する知識-】脳腫瘍. 画像診断 2017;37(1):21–30.

10. 増本智彦: 【中枢神経系の新たな疾患カテゴリーとその画像所見】WHO2016脳腫瘍分類. 臨床画像 2017;33(12):1380–1391.

11. 齋田 司、椎貝真成、古西崇寛、渡邊あずさ、石黒聡尚、阿竹 茂:バリウムを使用した上部消化管造影後に発症した大腸損傷の4例. 日本腹部救急医学会雑誌2017;37(60):915-918.

12. Takahashi H, Minami M, Masumoto T, Hiyama T, Kujiraoka Y, Nakamagoe M, Minami Y. Adult-onset hyperplasia of an ectopic cervical thymus associated with uncontrolled hyperthyroidism: a case report. Iran J Radiol. 2017;14(1):e13485. doi: 10.5812/iranjradiol.39523. 

13. Ishiguro T, Hiyama T, Nasu K, Akashi Y, Minami M. Organo-axial volvulus of the small intestine: radiological case report and consideration for its mechanism. Abdom Radiol 2017;42:1845-1849.

14. Hosaka S, Nakao T, Suzuki R, Yamaki Y, Fukushima H, Saito T, Mizumoto M, Sakurai H, Masumoto K, Fukushima T, Inaba M, Minami M, Masumoto T, Noguchi M, Sakashita S, Nakano N. Multidisciplinary, multi-institutional therapy with proton beam therapy was feasible for children with neuroblastoma by referral to a proton beam center. PEDIATRIC BLOOD & CANCER 2017;64:S86.

15. Inaba M, Nakao T, Hosaka S, Suzuki R, Fukushima H, Yamaki Y, Saitou T, Noguchi M, Sakashita S, Minami M, Masumoto T, Yuza Y, Matsui M, Adachi S, , Kikuta A, Mizumoto M, Sakurai H, Fukushima T. Four cases of parameningeal tumor with intracranial extension treated by urgent proton beam therapy and chemotherapy. PEDIATRIC BLOOD & CANCER 2017;64:S88.

16. 土屋春樹, 河原貴史, 河合弘二, 千原尉智蕗, 田中建, 木村友和, 池田篤史, 吉野喬之, 石塚竜太郎, 和久夏衣, 神鳥周也, 小島崇宏, 常樂 晃, 中野雅之, 那須克宏, 南 学, 西山博之。 術前画像診断が可能であった卵巣静脈原発平滑筋肉腫の1例. 泌尿器科紀要 2017;63:407-412.

17. Furuta T, Yamaguchi M, Minami M, Ohtomo K, Fujii H. Persistent T2*-hypointensity of the liver parenchyma after irradiation to the SPIO-accumulated liver: An imaging marker for responses to radiotherapy in hepatic malignancies. J Magn Reson Imaging. 2017;45:303-312. (Epub 2016 Jul 4.)

著書:文筆担当

1. 南 学:編著; 画像による病変の由来部位の診断. 画像診断2017年臨時増刊号.学研メディカル秀潤社(東京)2017;総208ページ

2. 増本智彦:第3章 脊椎・脊髄腔 髄内,硬膜内髄外,硬膜外および脊椎. 南学 編, 画像による病変の由来部位の診断. 学研メディカル秀潤社(東京)2017;86-99.

3. 増本智彦:他のモダリティ(特にMRI)による脳腫瘍の評価. 松田博史 監修, 玉岡晃 柴田靖 根本清貴 編集, 臨床医・RI技師のための脳SPECTパーフェクトガイド.メディカ出版(大阪)2017;25–32.

4. 岡本嘉一、橘川 薫:上肢の画像診断. メディカルサイエンスインターナショナル(東京)2017;総240ページ.

総説

1. 岡本嘉一、吉沢知宏:Refresher Course少年野球選手の肘の画像診断画像診断。2017;37(14):1533-1541.

2. 齋田 司:月刊インナービジョン2018年2月号特集 RSNA2017 教育展示受賞報告。

学会発表

1. 宮坂祐輔、増本智彦、檜山貴志、榎園 崇、古西崇寛、椎貝真成、南 学:
MRIで経過を追えたLowe症候群の一例.第46回日本神経放射線学会(東京)2月、2017

2. Okamoto Y, Minami M: Medial epicondyle adaptation as a baseball player in adolescence observed on MRI. International society for Magnetic Resonance in Medicine (Honoruru )4月、2017

3. 酒井正史、森 健作、星合壮大、菊地俊介、星 智也、佐藤 明、大谷暢史、南 学: 右冠動脈肺動脈瘻に合併した破裂動脈瘤に対してコイル塞栓術で止血しえた1例. 第46回日本IVR学会(岡山)5月、2017

4. 宮坂祐輔、石黒聡尚、齋田 司、増本智彦、古西崇寛、梶川大悟、須磨崎亮、南 学: 出生前より経過を追えた肝巨大血管腫の一例.日本超音波医学会第90回学術集会(栃木)5月、2017 

5. 岡本嘉一: 関節のMRI診断.第24回茨城MRI情報交換会(つくば)6月、2017

6. 酒井正史、那須克宏、南 学: 腫瘍性病変との鑑別が問題となった腎形成異常の1例. 第31回日本腹部放射線学会(旭川)6月、2017

7. 天野太史、那須克宏、星合壮大、南 学: 123I-MIBGの高度集積を示し、褐色細胞腫と誤診した副腎皮質癌. 第31回日本腹部放射線学会(旭川)6月、2017

8. 岡本嘉一: 医療画像を使った少年野球選手の野球肘検診.第36回福岡大学烏帽子会(福岡)7月、2017

9. 酒井正史、佐藤始広、原 唯史、南 学、石塚洋典: FDG PET/CTが発見動機となったニボルマブによる無痛性甲状腺炎の1例. 第87回日本核医学会関東甲信越地方会(東京)7月、2017

10. 齋田 司: 産婦人科救急疾患の画像診断とIVR .Japanese society for the advancement of women’s imaging(JSAWI)第 18 回 シンポジウム.招待口演(淡路島)9月、2017

11. Takahashi H, Kiyoshima M, Kaburagi T, Sato M, Hoshiai S, Koyama K, Minami M: 肺原発腫瘍の手術症例を対象とした、胸部単純X線写真上での初期研修医・専門医の病変視認性の比較. 第53回日本医学放射線学会 秋季臨床大会(松山) 9月、2017

12. Nasu k: Disappearing phenomenon of ductal carcinoma in situ on cDWI; Correlation between the pathological characteristics and the disappearing phenomenon (part 2). 第45回磁気共鳴医学会(栃木)9月、2017

13. 宮坂祐輔、齋田 司、那須克宏、菅谷洋平、坂下信悟、小田竜也、南 学: 慢性膵炎に発生し膵腫瘤との鑑別が困難であった結節状正常膵組織の一例.日本超音波医学会 第29回関東甲信越地方会学術集会口演(東京)11月、2017

14. Saida T, Sakata A, Tanaka YO, Ochi H, Ishiguro T, Sakai M, Takahashi H, Satoh T, Minami M:MR imaging of the uterine cervix adenocarcinoma and other rare cervical tumors.The103th Annual meeting of Radiological Society of North America(RSNA)(Chicago)11月、2017ポスター展示

15. Nasu k: Radiological pathological correlation of rare breast tumors and tumor like lesions. The103th Annual meeting of Radiological Society of North America(RSNA) (Chicago)11月、2017ポスター展示

16. Okamoto Y, Yoshizawa T, Makihara T, Tanaka K, Minami M: Adaptation of Medial Epicondyle in Adolescent Baseball Player Observed on MRI. The103th Annual meeting of Radiological Society of North America(RSNA) (Chicago)11月、2017

17. Takahashi H, Oguma E, Nishimura G, Hosokawa T, Kono T, Minami M, Tanami Y, Sato Y, Hattori S: Hand polydactyly: rule of thumb for radiologic diagnosis The103th Annual meeting of Radiological Society of North America(RSNA) (Chicago)11月、2017

講演

1. 南 学: 最近のトレンド疾患:躯幹部 1990年代には無かった疾患群.日本医学放射線学会関東地方会セミナー(東京) 2月、2017 

2. 増本智彦: 脊椎・脊髄のMRI 診断 -基本と応用-.第22回つくばMR懇話会(茨城)2月、2017

3. 森 健作、星合壮大、石黒聡尚、酒井正史、古西崇寛、南 学:Balloon Assisted Chemoembolizationについて.IVR技術交流会(東京)2月、2017

4. 森 健作:IVR治療におけるミリプラチンの位置づけについて.大日本住友製薬勉強会(つくば)2月、2017

5. 南 学: 最近のトレンド疾患:躯幹部 1990年代には無かった疾患群、抜粋. 第316回Body CT道場(東京)4月、2017

6. 南 学: Imaging presentation of abdominal autoimmune diseases. ACAR2017(Busan)4月、2017

7. 森 健作、南 学:炎症性腸疾患の画像診断.茨城炎症性腸疾患研究会(つくば)6月、2017 

8. 南 学: New CT/MR staging methods of gastric and colorectal cancers. ESGAR2017(Atens)6月、2017

9. 南 学:各領域の進歩2:全身疾患. SAMI2017(大阪)7月、2017

10. 森 健作:子宮疾患に対する妊孕性温存療法 IVR.JSAWI(淡路島)9月、2017

11. 星合壮大:腹部の画像診断~これまでに経験した興味深い症例から~、第28回 Diagnostic Imaging Conference(米子)10月、2017

12. 増本智彦:The new WHO 2016 classification of CNS tumors: What radiologists should know. AIMS Neuro Imaging 2017(東京)10月、2017

13. 南 学: Where is your mother?:孤立性腹部転移の画像診断. 京都大学放射線医学講座教室カンファレンス(京都)10月、2017

14. 南 学:筑波大学放射線科の教育システムの現状, Case conference. 京都大学放射線医学講座教室カンファレンス(京都)12月、2017

15. 南 学: CT/MRIによる胃癌・大腸癌のT-stagingの実際”, Case conference. 京都大学放射線医学講座教室カンファレンス(京都)12月、2017

16. 南 学: Where is your mother?: imaging of solitary abdominal metastasis and clinical pearls for the correct diagnosis. National University of Singapore Noon Conference, January 2018, Singapore

17. 南 学: Imagine the invisible!: Imaging of the peritoneum. Tan Tock Seng Hospital Morning Conference, January 2018, Singapore

18. 南 学: Imaging of abdominal autoimmune diseases, Case conference. Changi General Hospital lecture, January 2018, Singapore

19. 南 学: New CT/MR T-staging methods in gastric and colorectal cancers. Singapore National Cancer Centre, January 2018, Singapore

20. 南 学: Interesting cases from Japan. Tan Tock Seng Hospital Morning Conference, February 2018, Singapore

21. 南 学: Imagine the invisible!: Imaging of the peritoneum. National University of Singapore Noon Conference, February 2018, Singapore

22. 南 学: New CT/MR T-staging methods in gastric and colorectal cancers. Dr. Cipto Mangunkusumo Hospital Morning Conference, February 2018, Jakarta, Indonesia

23. 南 学: Imaging of abdominal autoimmune diseases. Dr. Cipto Mangunkusumo Hospital Noon Conference, February 2018, Jakarta, Indonesia

24. 南 学: Imagine the invisible!: Imaging of the peritoneum. Dr. Cipto Mangunkusumo Hospital Morning Conference, February 2018, Jakarta, Indonesia

25. 南 学: Where are you from? CT/MR determination of the origin of abdominal tumors. Dr. Cipto Mangunkusumo Hospital Noon Conference, February 2018, Jakarta, Indonesia

26. 南 学: Where are you from? CT/MR determination of the origin of abdominal tumors. Padjadjaran University Hospital Noon Conference, February 2018, Bandung, Indonesia

27. 南 学: CT diagnosis of non-neoplastic bowel diseases. Abdominal CT & US Imaging Congress, February 2018, Jakarta, Indonesia

28. 南 学: Imagine the invisible!: Imaging of the peritoneum. Abdominal CT & US Imaging Congress, February 2018, Jakarta, Indonesia

シンポジウム

1. 増本智彦:新たな疾患総整理:中枢神経 放射線科医が知っておくべきWHO2016脳腫瘍分類の改訂内容.第74回日本医学放射線学会総会(神奈川)4月、2017

2016年

受賞

1. 石黒聡尚、檜山貴志、那須克宏、明石義正、南 学:術前診断し得た回腸臓器軸性捻転の一例.打田賞 第30回日本腹部放射線学会(金沢)6月、2016

2. 永井美智子:レジデント優秀論文病院長賞 筑波大学附属病院3月、2016

論文発表

1. Hoshiai S, Mori K, Ishiguro T, Konishi T, Uchikawa Y, Fukuda K, Minami M: Balloon-Assisted Chemoembolization Using a Micro-Balloon Catheter Alongside a Microcatheter for a Hepatocellular Carcinoma with a Prominent Arterioportal Shunt: A Case Report. Cardiovasc Intervent Radiol. 2016 Dec 16. [Epub ahead of print]

2. Hoshiai S, Masumoto T, Matsuda M, Sugii N, Sakamoto N, Minami M: Radiation-induced angiosarcoma of the brain. BJR|case reports 2016;2(2):20150374.

3. Hiyama T, Masumoto T, Hara T, Kunimatsu A, Mamada N, Nakamagoe K, Minami M: Enlargement of the brachial plexus on magnetic resonance imaging: a novel finding in adult-onset Krabbe disease. BJR|case reports 2016;2(3):20150213.

4. Masuda Y, Ishikawa E, Yamamoto T, Matsuda M, Akutsu H, Kohzuki H, Nakai K, Okamoto E, Takano S, Masumoto T, Matsumura A: Early Postoperative Expansion of Parenchymal High-intensity Areas on T2-weighted Imaging Predicts Delayed Cerebral Edema Caused by Carmustine Wafer Implantation in Patients with High-grade Glioma. Magn Reson Med Sci 2016;15(3):299–307.

5. Tanaka A, Masumoto T, Yamada H, Kurauchi M, Breuer J: A Japanese, Multicenter, Open-label, Phase 3 Study to Investigate the Safety and Efficacy of Gadobutrol for Contrast-enhanced MR Imaging of the Central Nervous System. Magn Reson Med Sci 2016;15(2):227–236.

6. 磯辺智範, 山本哲哉, 阿久津博義, 佐藤英介, 只野喜一, 増本智彦, 榮 武二, 松村 明: 【脳を対象とした機能的MR検査特集】 MRSの基礎から臨床まで. 医学物理 2016;36(2):85–91.

7. 増本智彦: 【画像でみかける偶発的所見のマネジメント-あなたならどう書く?-】 脳神経 low-grade glioma. 画像診断 2016;36(9):848–849.

8. 増本智彦: 専門医に求められる最新の知識 脳腫瘍 BCNUウェハー、ベバシズマブが使用可能になった現況での神経膠腫に対する画像診断のポイント. 脳神経外科速報 2016;26(7):702–710.

9. 増本智彦: 【放射線照射後の画像診断】 正常臓器の照射後変化:脳. 臨床放射線 2016;61(4):551–561.

10. Furuta T, Yamaguchi M, Minami M, Ohtomo K, Fujii H: Persistent T2*-hypointensity of the liver parenchyma after irradiation to the SPIO-accumulated liver: An imaging marker for responses to radiotherapy in hepatic malignancies.
J Magn Reson Imaging. 2016 Jul 4. [Epub ahead of print]

11. Takahashi H, Minami M, Masumoto T, Hiyama T, Kujiraoka Y, Nakamagoe M, Minami Y: Adult-Onset Hyperplasia of An Ectopic Cervical Thymus Associated with Uncontrolled Hyperthyroidism: A Case Report.Iranian Journal of Radiology. 14(1): e39523 , DOI: 10.5812/iranjradiol.39523 epub: Aug 15, 2016; collection: Jan 2017

12. Konish T, Mori K, Uchikawa Y, Hoshiai S, Shiigai M, Ohara R, Mnami M: Spontaneous hemoperitoneum in pregnancy treated with transarterial embolization of the uterine artery. Cardiovasc Intervent Radiol. 2016 Jan; 39(1): 132-136

13. Mori K, Saida T, Sato F, Uchikawa Y, Konishi T, Ishiguro T, Hiyama T, Hoshiai S, Okamoto Y, Nasu K, Minami M: Endoleak detection after endovascular aneurysm repair using unenhanced MRI with flow suppression technique: Feasibility study in comparison with contrast-enhanced CT. Eur Radiol. 2016 Mar 24. [Epub ahead of print]

14. Takahashi T, Nasu K, Minami M, Kojima T, Nishiyama H, Ishiguro T, Konishi T: Organ Atrophy Induced by Sorafenib and Sunitinib – Quantitative Computed Tomography (CT) Evaluation of the Pancreas, Thyroid Gland and Spleen.
Pol J Radiol 2016; 81:557-565 DOI: 10.12659/PJR.898936
Published: 2016-11-22

15. Isobe T, Okamoto Y, Hirano Y, Ando H, Takada K, Sato E, Shinoda K, Tadano K, Takei H, Kamizawa S, Mori Y, Suzuki H: Effect of biological factors on successful measurements with skeletal-muscle (1)H-MRS. Ther Clin Risk Manag. 2016 Jul 20;12:1133-1137.

16. Okamoto Y, Maehara K, Kanahori T, Hiyama T, Kawamura T, Minami M: Incidence of elbow injuries in adolescent baseball players: screening by a low field magnetic resonance imaging system specialized for small joints. Jpn J Radiol. 2016 Apr;34(4):300-306. doi: 10.1007/s11604-016-0526-6.

17. 石黒聡尚、小熊栄二、細川崇洋、岡本嘉一、南 学:【代謝性骨疾患の画像診断-2017に向けて】日常診療で放射線診断医が遭遇する代謝性骨疾患.臨床画像、2016;32(12):1353-1363.

18. Saida T, Shiotani S, Mori K, Kobayashi T, Ishikawa H, Ichimura H, Minami M: Steady-State Free-Precession Sequence for Differentiating Bronchogenic Carcinoma from Adjacent Atelectasis. OMICS Journal of Radiology. January 11, 2016; 5(1): doi: 10.4172/2167-7964.1000214.

19. Saida T, Tanaka YO, Matsumoto K, Satoh T, Yoshikawa H, Minami M: Revised FIGO staging system for cancer of the ovary, fallopian tube, and peritoneum: important implications for radiologists. Jpn J Radiol. 2016;34(2):117-124.

20. Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Saida T, Minami M, Yoshikawa H: Uterine cervical cancer volumetry using T2- and diffusion-weighted MR images in patients treated by primary surgery and neoadjuvant chemotherapy. Acta Radiol. 2016;57(3):378-383

21. Tanaka YO, Okada S, Sakata A, Saida T, Nagai M, Yoshikawa H, Minami M:
A metastatic ovarian tumor mimicking pregnancy luteoma found during puerperium. Magn Reson Med Sci. 2016 Apr 11;15(2):149-150.

22. Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Oki A, Saida T, Yoshikawa H, Minami M: Differentiation of epithelial ovarian cancer subtypes by use of imaging and clinical data: a detailed analysis. Cancer Imaging. 2016 Feb 12;16(1):3.

著書:文筆担当

1. 星合壮大: 分訳;子ども虐待の画像診断――エビデンスに基づく医学診断と調査・捜査のために 大型本 – 小熊栄二 (監修), ポール・K・クラインマン (編集), 溝口史剛 (翻訳) 明石書店(東京)2016;342-354(14章),729-748(29章).

2. 南 学: メディコピア57:がん診療はこう変わった。1. 画像診断の進歩:PET/CTも含めて(滝川 一、矢富 裕、深川雅史編),富士レビオ(東京)2016:12-32, 78-86(総合討論).

学会発表

1. Sakai M, Okamoto Y, Kamada H, Minami M: Stickler syndrome with cervical cord compression caused by dens deformity: a case report. 第27回日本骨軟部放射線研究会(東京)1月、2016

2. 檜山貴志, 増本智彦, 中井 啓, 坂本規彰, 南 学: 血管芽腫の腫瘍内嚢胞:小脳転移との鑑別の有用性. 第45回日本神経放射線学会(山形)2月、2016

3. 齋田 司, 小林智哉,塩谷清司, 早川秀幸: 低温が死後超音波画像を不鮮明にする理由. 第75回日本医学放射線学会総会(横浜)4月、2016

4. 星合壮大, 森 健作, 古西崇寛, 椎貝真成, 齋田 司, 檜山貴志, 内川容子, 石黒聡尚, 常樂 晃, 福田邦明, 南 学: 経皮経肝静脈塞栓術が奏功した回腸導管ストーマ静脈瘤出血の一例. 第45回日本IVR学会(名古屋)5月、2016

5. 古西崇寛, 齋田 司, 渡辺あずさ, 椎貝真成, 稲川 智, 永井健太郎, 内田 温:回盲部腸重積で発症した小腸原発MALT lymphomaの一例.日本超音波医学会第89回学術集会(京都)5月、2016 

6. 渡辺あずさ, 椎貝真成, 齋田 司, 阿竹 茂, 木内 岳, 星合壮大: 術前に超音波検査を施行した鼠径ヘルニア偽還納の1例. 日本超音波医学会第89回学術集会(京都)5月、2016

7. 古西崇寛,齋田 司, 五藤 周, 後藤悠大, 南 洋輔, 中野雅之, 南 学:
1歳0ヶ月の小児に病的腹水貯留で発症した顆粒膜細胞腫の一例. 日本超音波医学会第89回学術集会(京都)5月、2016

8. Mori K, Saida T, Sato F, Nasu K, Ishiguro T, Konishi T, Uchikawa Y, Hoshiai S, Hiyama T, Minami M: Detection of endoleaks after endovascular aneurysm repair using unenhanced MRI: feasibility study of motion-sensitized driven equilibrium-prepared balanced turbo field echo sequences. Bi-annual meeging 2016, German-Japanese radiological affiliation. (ドイツ)6月、2016

9. 星合壮大, 佐藤始広, 児山 健, 高橋宏彰, 大越 靖, 飯嶋達生, 南 学: 肝内に髄外性腫瘤を形成した多発性骨髄腫の1例. 第30回腹部放射線学会(金沢)6月、2016

10. 石黒聡尚,檜山貴志,那須克宏,明石義正,南 学:術前診断し得た回腸臓器軸性捻転の一例.第30回日本腹部放射線学会(金沢)6月、2016

11. 石黒聡尚,森 健作,酒井正史,織田潮人,古西崇寛,檜山貴志,南 学:静脈管開存症に対するAmplatzer Vascular Plug IIを用いた塞栓術の二例.第45回日本IVR学会総会(名古屋)6月、2016

12. 酒井正史, 那須克宏, 南 学: 腸重積をきたしたYersinia腸炎の1例. 第30回腹部放射線学会(金沢)6月、2016

13. 天野太史, 檜山貴志, 増本智彦, 南 学 :off-midline germinoma with STGC の1例. 第36回神経放射線ワークショップ(金沢)7月、2016

14. 齋田 司,越智寛幸,坂田晃子,佐藤豊実,南 学: Brenner腫瘍によるPseudo-Meigs症候群の一例. Japanese society for the advancement of women’s imaging(JSAWI)第17回 シンポジウム(淡路島)9月、2016

15. 那須克宏:Disappearing phenomenon of ductal carcinoma in situ on cDWI; Is it depend on pathological grade?. 第44回磁気共鳴医学会(大宮)9月、2016

16. Okamoto Y : The Interpretation of ‘Asymptomatic MCL Injury of the Elbow in Youth Baseball Players on MRI’. Radiological Society for North America 102th annual meeting (Chicago)11月、2016

17. 菊地俊介:前額部皮下腫瘤や全身性病変を来たした多中心性網細組織球症の一例.日本医学放射線学会関東地方会(東京)12月、2016

講演

1. 南 学: がん診療はこう変わった―画像診断の進歩:PET/CTも含めて. 第36回メディコピア教育講演シンポジウム(東京)1月、2016

2. 増本智彦: 意識障害の画像診断 ~放射線科医の立場より~. 第39回日本脳神経CI学会(東京)1月、2016

3. 増本智彦: グリオーマを中心とする脳腫瘍の画像診断. 熊本大学がん診療連携拠点病院機能強化事業講演会(熊本)3月、2016

4. 南 学: 研修指導者講習会:専門医制度. 第75回日本医学放射線学会総会(横浜) 4月、2016

5. 南 学: Where is your mother?:孤立性腹部転移の画僧診断. 第4回相模原医用画像セミナー(東京)5月、2016

6. 南 学: Cowden症候群の画像診断. 第316回Body CT道場(東京)5月、2016

7. 増本智彦: 脳腫瘍治療後の画像変化 ~ベバシズマブを中心に~.2nd Round Table Discussion on Glioma(東京)5月、2016

8. 南 学: 超エキスパートたちの忘れられない16例:肝胆膵・消化管. 第35回東京MRI研究会(東京)7月、2016

9. 南 学: 腹部:コメンテーター. 第14回フィルムリーディング倶楽部東銀座 (東京)7月、2016

10. 南 学: 各領域の進歩2:消化管. SAMI2016(東京)7月、2016

11. 森 健作: コイルの使い分けについて.つくばIVR(つくば)7月、2016

12. 森 健作: Portal vein embolization in university of Tsukuba hospital.院内テレカンファランス(ベトナム・チョーライ病院)(つくば)7月、2016

13. 星合壮大: 膵癌の画像診断. 第25回茨城画像セミナー(つくば)7月、2016

14. 岡本嘉一: 上肢のスポーツ障害.第27回日本骨軟部放射線診断セミナー (札幌)8月、2016

15. 岡本嘉一: 整形外科領域のMRI最前線~関節外傷の知見を絡めて~.JCOG 関東支部会(東京)8月、2016

16. 南 学: 救急・総合診療における画像診断は過剰か?:コメンテーター. 第52回日本医学放射線学会秋期大会 (東京)9月、2016

17. 南 学: Imagine the invisible!: Imaging of the peritoneum.  International Congress of Radiology(Buenos Aires, Argentina)9月、2016

18. 南 学: Where is your mother?: Imaging analysis & pearls for solitary abdominal metastasis. New York Hospital Noon conference, ( New York, USA)9月、2016

19. 那須克宏: 躯幹部拡散強調画像再探訪. Imaging Now in Kanagawa(横浜)9月、2016

20. 南 学: Where are you from?: CT/MR determination of the origin of abdominal tumors. ASAR 1st Educational Lecture Course, (Jakarta, Indonesia)10月、2016

21. 南 学: Image interpretation Session. ASAR 1st Educational Lecture Course, (Jakarta, Indonesia)10月、2016

22. 増本智彦: 大脳皮質の異常からせまる画像診断. 第9回NIRC”Neuro-Imaging Refresher Club”(東京)11月、2016

23. 増本智彦: 脳腫瘍治療後の画像変化 ~ベバシズマブを中心に~.脳腫瘍画像カンファレンス(宮城)11月、2016

24. 増本智彦: グリオーマ治療後の画像をどう評価するか? 第34回日本脳腫瘍学会(山梨)12月、2016

資格取得

1. 齋田 司 超音波指導医(総合)12月、2016

Home > 研究・業績

メタ情報

Return to page top