研究・業績

現在進行中の研究

2011-2012年に附属病院倫理委員会で承認された放射線科医が研究代表者を務める研究課題名と承認年月日

腹部ステントグラフト内挿術後のタイプ2エンドリークに対するIVR:技術的側面と予後についての後方視的研究(多施設共同研究) 2013/5/15

MRIおよび超音波による生体機能を指標とした肝臓と骨格筋の臓器連関に関する多角的評価 2012/11/30

イオパミロン注を使用した腹部CTおよび冠動脈CT検査における投与ヨード量と造影効果に関する観察研究(IOPAC study) 2012/10/10

コンピュータ支援検出/診断ソフトウェアの開発および臨床使用に関する共同研究2012/6/29

Motion Sensitized Driven Equilibrium(MSDE)を併用したMR胆管膵管撮影の改善と膵嚢胞性腫瘤内部の液体の動態解析 2011/12/14

Slice selection gradient reversal (SSGR), split breath-hold acquisition with post-processing (SBAP), selective reconstruction(SR)を用いた3T-MRI装置における上腹部拡散強調画像(DWI)の画質改善 2011/12/14

非造影MRIによるstentgraft内挿術後のendoleakの検出に関する研究 2011/11/9

MRIを用いた下腿骨格筋における微小循環動態の定量評価 2013/8/15

過去の研究業績

2016年

受賞

1. 石黒聡尚、檜山貴志、那須克宏、明石義正、南 学:術前診断し得た回腸臓器軸性捻転の一例.打田賞 第30回日本腹部放射線学会(金沢)6月、2016

2. 永井美智子:レジデント優秀論文病院長賞 筑波大学附属病院3月、2016

論文発表

1. Hoshiai S, Mori K, Ishiguro T, Konishi T, Uchikawa Y, Fukuda K, Minami M: Balloon-Assisted Chemoembolization Using a Micro-Balloon Catheter Alongside a Microcatheter for a Hepatocellular Carcinoma with a Prominent Arterioportal Shunt: A Case Report. Cardiovasc Intervent Radiol. 2016 Dec 16. [Epub ahead of print]

2. Hoshiai S, Masumoto T, Matsuda M, Sugii N, Sakamoto N, Minami M: Radiation-induced angiosarcoma of the brain. BJR|case reports 2016;2(2):20150374.

3. Hiyama T, Masumoto T, Hara T, Kunimatsu A, Mamada N, Nakamagoe K, Minami M: Enlargement of the brachial plexus on magnetic resonance imaging: a novel finding in adult-onset Krabbe disease. BJR|case reports 2016;2(3):20150213.

4. Masuda Y, Ishikawa E, Yamamoto T, Matsuda M, Akutsu H, Kohzuki H, Nakai K, Okamoto E, Takano S, Masumoto T, Matsumura A: Early Postoperative Expansion of Parenchymal High-intensity Areas on T2-weighted Imaging Predicts Delayed Cerebral Edema Caused by Carmustine Wafer Implantation in Patients with High-grade Glioma. Magn Reson Med Sci 2016;15(3):299–307.

5. Tanaka A, Masumoto T, Yamada H, Kurauchi M, Breuer J: A Japanese, Multicenter, Open-label, Phase 3 Study to Investigate the Safety and Efficacy of Gadobutrol for Contrast-enhanced MR Imaging of the Central Nervous System. Magn Reson Med Sci 2016;15(2):227–236.

6. 磯辺智範, 山本哲哉, 阿久津博義, 佐藤英介, 只野喜一, 増本智彦, 榮 武二, 松村 明: 【脳を対象とした機能的MR検査特集】 MRSの基礎から臨床まで. 医学物理 2016;36(2):85–91.

7. 増本智彦: 【画像でみかける偶発的所見のマネジメント-あなたならどう書く?-】 脳神経 low-grade glioma. 画像診断 2016;36(9):848–849.

8. 増本智彦: 専門医に求められる最新の知識 脳腫瘍 BCNUウェハー、ベバシズマブが使用可能になった現況での神経膠腫に対する画像診断のポイント. 脳神経外科速報 2016;26(7):702–710.

9. 増本智彦: 【放射線照射後の画像診断】 正常臓器の照射後変化:脳. 臨床放射線 2016;61(4):551–561.

10. Furuta T, Yamaguchi M, Minami M, Ohtomo K, Fujii H: Persistent T2*-hypointensity of the liver parenchyma after irradiation to the SPIO-accumulated liver: An imaging marker for responses to radiotherapy in hepatic malignancies.
J Magn Reson Imaging. 2016 Jul 4. [Epub ahead of print]

11. Takahashi H, Minami M, Masumoto T, Hiyama T, Kujiraoka Y, Nakamagoe M, Minami Y: Adult-Onset Hyperplasia of An Ectopic Cervical Thymus Associated with Uncontrolled Hyperthyroidism: A Case Report.Iranian Journal of Radiology. 14(1): e39523 , DOI: 10.5812/iranjradiol.39523 epub: Aug 15, 2016; collection: Jan 2017

12. Konish T, Mori K, Uchikawa Y, Hoshiai S, Shiigai M, Ohara R, Mnami M: Spontaneous hemoperitoneum in pregnancy treated with transarterial embolization of the uterine artery. Cardiovasc Intervent Radiol. 2016 Jan; 39(1): 132-136

13. Mori K, Saida T, Sato F, Uchikawa Y, Konishi T, Ishiguro T, Hiyama T, Hoshiai S, Okamoto Y, Nasu K, Minami M: Endoleak detection after endovascular aneurysm repair using unenhanced MRI with flow suppression technique: Feasibility study in comparison with contrast-enhanced CT. Eur Radiol. 2016 Mar 24. [Epub ahead of print]

14. Takahashi T, Nasu K, Minami M, Kojima T, Nishiyama H, Ishiguro T, Konishi T: Organ Atrophy Induced by Sorafenib and Sunitinib – Quantitative Computed Tomography (CT) Evaluation of the Pancreas, Thyroid Gland and Spleen.
Pol J Radiol 2016; 81:557-565 DOI: 10.12659/PJR.898936
Published: 2016-11-22

15. Isobe T, Okamoto Y, Hirano Y, Ando H, Takada K, Sato E, Shinoda K, Tadano K, Takei H, Kamizawa S, Mori Y, Suzuki H: Effect of biological factors on successful measurements with skeletal-muscle (1)H-MRS. Ther Clin Risk Manag. 2016 Jul 20;12:1133-1137.

16. Okamoto Y, Maehara K, Kanahori T, Hiyama T, Kawamura T, Minami M: Incidence of elbow injuries in adolescent baseball players: screening by a low field magnetic resonance imaging system specialized for small joints. Jpn J Radiol. 2016 Apr;34(4):300-306. doi: 10.1007/s11604-016-0526-6.

17. 石黒聡尚、小熊栄二、細川崇洋、岡本嘉一、南 学:【代謝性骨疾患の画像診断-2017に向けて】日常診療で放射線診断医が遭遇する代謝性骨疾患.臨床画像、2016;32(12):1353-1363.

18. Saida T, Shiotani S, Mori K, Kobayashi T, Ishikawa H, Ichimura H, Minami M: Steady-State Free-Precession Sequence for Differentiating Bronchogenic Carcinoma from Adjacent Atelectasis. OMICS Journal of Radiology. January 11, 2016; 5(1): doi: 10.4172/2167-7964.1000214.

19. Saida T, Tanaka YO, Matsumoto K, Satoh T, Yoshikawa H, Minami M: Revised FIGO staging system for cancer of the ovary, fallopian tube, and peritoneum: important implications for radiologists. Jpn J Radiol. 2016;34(2):117-124.

20. Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Saida T, Minami M, Yoshikawa H: Uterine cervical cancer volumetry using T2- and diffusion-weighted MR images in patients treated by primary surgery and neoadjuvant chemotherapy. Acta Radiol. 2016;57(3):378-383

21. Tanaka YO, Okada S, Sakata A, Saida T, Nagai M, Yoshikawa H, Minami M:
A metastatic ovarian tumor mimicking pregnancy luteoma found during puerperium. Magn Reson Med Sci. 2016 Apr 11;15(2):149-150.

22. Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Oki A, Saida T, Yoshikawa H, Minami M: Differentiation of epithelial ovarian cancer subtypes by use of imaging and clinical data: a detailed analysis. Cancer Imaging. 2016 Feb 12;16(1):3.

著書:文筆担当

1. 星合壮大: 分訳;子ども虐待の画像診断――エビデンスに基づく医学診断と調査・捜査のために 大型本 – 小熊栄二 (監修), ポール・K・クラインマン (編集), 溝口史剛 (翻訳) 明石書店(東京)2016;342-354(14章),729-748(29章).

2. 南 学: メディコピア57:がん診療はこう変わった。1. 画像診断の進歩:PET/CTも含めて(滝川 一、矢富 裕、深川雅史編),富士レビオ(東京)2016:12-32, 78-86(総合討論).

学会発表

1. Sakai M, Okamoto Y, Kamada H, Minami M: Stickler syndrome with cervical cord compression caused by dens deformity: a case report. 第27回日本骨軟部放射線研究会(東京)1月、2016

2. 檜山貴志, 増本智彦, 中井 啓, 坂本規彰, 南 学: 血管芽腫の腫瘍内嚢胞:小脳転移との鑑別の有用性. 第45回日本神経放射線学会(山形)2月、2016

3. 齋田 司, 小林智哉,塩谷清司, 早川秀幸: 低温が死後超音波画像を不鮮明にする理由. 第75回日本医学放射線学会総会(横浜)4月、2016

4. 星合壮大, 森 健作, 古西崇寛, 椎貝真成, 齋田 司, 檜山貴志, 内川容子, 石黒聡尚, 常樂 晃, 福田邦明, 南 学: 経皮経肝静脈塞栓術が奏功した回腸導管ストーマ静脈瘤出血の一例. 第45回日本IVR学会(名古屋)5月、2016

5. 古西崇寛, 齋田 司, 渡辺あずさ, 椎貝真成, 稲川 智, 永井健太郎, 内田 温:回盲部腸重積で発症した小腸原発MALT lymphomaの一例.日本超音波医学会第89回学術集会(京都)5月、2016 

6. 渡辺あずさ, 椎貝真成, 齋田 司, 阿竹 茂, 木内 岳, 星合壮大: 術前に超音波検査を施行した鼠径ヘルニア偽還納の1例. 日本超音波医学会第89回学術集会(京都)5月、2016

7. 古西崇寛,齋田 司, 五藤 周, 後藤悠大, 南 洋輔, 中野雅之, 南 学:
1歳0ヶ月の小児に病的腹水貯留で発症した顆粒膜細胞腫の一例. 日本超音波医学会第89回学術集会(京都)5月、2016

8. Mori K, Saida T, Sato F, Nasu K, Ishiguro T, Konishi T, Uchikawa Y, Hoshiai S, Hiyama T, Minami M: Detection of endoleaks after endovascular aneurysm repair using unenhanced MRI: feasibility study of motion-sensitized driven equilibrium-prepared balanced turbo field echo sequences. Bi-annual meeging 2016, German-Japanese radiological affiliation. (ドイツ)6月、2016

9. 星合壮大, 佐藤始広, 児山 健, 高橋宏彰, 大越 靖, 飯嶋達生, 南 学: 肝内に髄外性腫瘤を形成した多発性骨髄腫の1例. 第30回腹部放射線学会(金沢)6月、2016

10. 石黒聡尚,檜山貴志,那須克宏,明石義正,南 学:術前診断し得た回腸臓器軸性捻転の一例.第30回日本腹部放射線学会(金沢)6月、2016

11. 石黒聡尚,森 健作,酒井正史,織田潮人,古西崇寛,檜山貴志,南 学:静脈管開存症に対するAmplatzer Vascular Plug IIを用いた塞栓術の二例.第45回日本IVR学会総会(名古屋)6月、2016

12. 酒井正史, 那須克宏, 南 学: 腸重積をきたしたYersinia腸炎の1例. 第30回腹部放射線学会(金沢)6月、2016

13. 天野太史, 檜山貴志, 増本智彦, 南 学 :off-midline germinoma with STGC の1例. 第36回神経放射線ワークショップ(金沢)7月、2016

14. 齋田 司,越智寛幸,坂田晃子,佐藤豊実,南 学: Brenner腫瘍によるPseudo-Meigs症候群の一例. Japanese society for the advancement of women’s imaging(JSAWI)第17回 シンポジウム(淡路島)9月、2016

15. 那須克宏:Disappearing phenomenon of ductal carcinoma in situ on cDWI; Is it depend on pathological grade?. 第44回磁気共鳴医学会(大宮)9月、2016

16. Okamoto Y : The Interpretation of ‘Asymptomatic MCL Injury of the Elbow in Youth Baseball Players on MRI’. Radiological Society for North America 102th annual meeting (Chicago)11月、2016

17. 菊地俊介:前額部皮下腫瘤や全身性病変を来たした多中心性網細組織球症の一例.日本医学放射線学会関東地方会(東京)12月、2016

講演

1. 南 学: がん診療はこう変わった―画像診断の進歩:PET/CTも含めて. 第36回メディコピア教育講演シンポジウム(東京)1月、2016

2. 増本智彦: 意識障害の画像診断 ~放射線科医の立場より~. 第39回日本脳神経CI学会(東京)1月、2016

3. 増本智彦: グリオーマを中心とする脳腫瘍の画像診断. 熊本大学がん診療連携拠点病院機能強化事業講演会(熊本)3月、2016

4. 南 学: 研修指導者講習会:専門医制度. 第75回日本医学放射線学会総会(横浜) 4月、2016

5. 南 学: Where is your mother?:孤立性腹部転移の画僧診断. 第4回相模原医用画像セミナー(東京)5月、2016

6. 南 学: Cowden症候群の画像診断. 第316回Body CT道場(東京)5月、2016

7. 増本智彦: 脳腫瘍治療後の画像変化 ~ベバシズマブを中心に~.2nd Round Table Discussion on Glioma(東京)5月、2016

8. 南 学: 超エキスパートたちの忘れられない16例:肝胆膵・消化管. 第35回東京MRI研究会(東京)7月、2016

9. 南 学: 腹部:コメンテーター. 第14回フィルムリーディング倶楽部東銀座 (東京)7月、2016

10. 南 学: 各領域の進歩2:消化管. SAMI2016(東京)7月、2016

11. 森 健作: コイルの使い分けについて.つくばIVR(つくば)7月、2016

12. 森 健作: Portal vein embolization in university of Tsukuba hospital.院内テレカンファランス(ベトナム・チョーライ病院)(つくば)7月、2016

13. 星合壮大: 膵癌の画像診断. 第25回茨城画像セミナー(つくば)7月、2016

14. 岡本嘉一: 上肢のスポーツ障害.第27回日本骨軟部放射線診断セミナー (札幌)8月、2016

15. 岡本嘉一: 整形外科領域のMRI最前線~関節外傷の知見を絡めて~.JCOG 関東支部会(東京)8月、2016

16. 南 学: 救急・総合診療における画像診断は過剰か?:コメンテーター. 第52回日本医学放射線学会秋期大会 (東京)9月、2016

17. 南 学: Imagine the invisible!: Imaging of the peritoneum.  International Congress of Radiology(Buenos Aires, Argentina)9月、2016

18. 南 学: Where is your mother?: Imaging analysis & pearls for solitary abdominal metastasis. New York Hospital Noon conference, ( New York, USA)9月、2016

19. 那須克宏: 躯幹部拡散強調画像再探訪. Imaging Now in Kanagawa(横浜)9月、2016

20. 南 学: Where are you from?: CT/MR determination of the origin of abdominal tumors. ASAR 1st Educational Lecture Course, (Jakarta, Indonesia)10月、2016

21. 南 学: Image interpretation Session. ASAR 1st Educational Lecture Course, (Jakarta, Indonesia)10月、2016

22. 増本智彦: 大脳皮質の異常からせまる画像診断. 第9回NIRC”Neuro-Imaging Refresher Club”(東京)11月、2016

23. 増本智彦: 脳腫瘍治療後の画像変化 ~ベバシズマブを中心に~.脳腫瘍画像カンファレンス(宮城)11月、2016

24. 増本智彦: グリオーマ治療後の画像をどう評価するか? 第34回日本脳腫瘍学会(山梨)12月、2016

資格取得

1. 齋田 司 超音波指導医(総合)12月、2016

2015年

受賞

1.Sekiya K, Kuno H, Tomioka T, Hiyama T, Kobayashi T, Suemitsu M, Hayashi R, Kaneda T, Kusumoto M: Evaluation of Cervical Lymph Node Metastasis of Tongue Cancer with Consideration of the Lymphatic Drainage System, Certificate of Merit, 101st Radiological Society of North America, 2015.

2.森 健作:平成27年度筑波大学医学医療系における大学教員業績評価「診療」表彰

3.齋田 司:板井研究奨励賞、日本医学放射線医学会 2015年4月

論文発表

1.Hiyama T, Masumoto T, Shiigai M, Akutsu H, Matsumura A, Minami M: Optic chiasmal edema observed on T2-weighted MR images: a reversible finding in obstructive hydrocephalus.  Jpn J Radiol. 2015 ;33(3):140-145. doi: 10.1007/s11604-015-0393-6.

2.Akutsu H, Yamamoto T, Masuda Y, Ishikawa E, Masumoto T, Matsuda M, Matsumura A: Movable intraoperative magnetic resonance imaging incorporating a seismic system. Clin Neurol Neurosurg 2015;135:57–61.

3.Masuda Y, Ishikawa E, Yamamoto T, Matsuda M, Akutsu H, Kohzuki H, Nakai K, Okamoto E, Takano S, Masumoto T, Matsumura A: Early Postoperative Expansion of Parenchymal High-intensity Areas on T2-weighted Imaging Predicts Delayed Cerebral Edema Caused by Carmustine Wafer Implantation in Patients with High-grade Glioma. Magn Reson Med Sci 2015 ;[Epub ahead of print]

4.Tanaka A, Masumoto T, Yamada H, Kurauchi M, Breuer J: A Japanese, Multicenter, Open-label, Phase 3 Study to Investigate the Safety and Efficacy of Gadobutrol for Contrast-enhanced MR Imaging of the Central Nervous System. Magn Reson Med Sci 2015;[Epub ahead of print]

5.Yamamoto T, Isobe T, Akutsu H, Masumoto T, Ando H, Sato E, Takada K, Anno I, Matsumura A: Influence of echo time in quantitative proton MR spectroscopy using LC Model. Magn Reson Imaging 2015;33(5):644–648.

6.Yokosawa M, Tsuboi H, Nasu K, Hagiya C, Hagiwara S, Ogishima H, Hirota T, Horikoshi M, Kondo Y, Sugihara M, Suzuki T, Minami M, Bukawa H, Matsumoto I, Sumida T: Usefulness of MR imaging of the parotid glands in patients with Sjogren’s syndrome. Mod Rheumatol 2015;25:415-442.

7.Hoshiai S, Oguma E, Sato Y, Konishi T, Minami M: Congenital focal lymphedema as a diagnostic clue to tuberous sclerosis complex: report of two cases diagnosed by ultrasound. Skeletal Radiol 2015;44:1165-1168.

8.Konishi T, Mori K, Uchikawa Y, Hoshiai S, Shiigai M, Ohara R, Minami M: Spontaneous hematoperitoneum in pregnancy treated with transarterial embolization on the uterine artery. Cardiovasc Intervent Radiol 2015;[Epub ahead of print]

9.Nagai M, Yamaguchi M, Mori K, Furuta T, Ashino H, Kurosawa H, Kasahara H, Minami M, Fujii H: Magnetic resonance-based visualization of thermal ablative margins around hepatic tumors by means of systemic ferucarbotran administration before radiofrequency ablation: animal study to reveal the connection between excess iron deposition and T2*-weighted hypointensity in ablative margins. Invest Radiol 2015;50:376-383.

10.Hoshiai S, Mori K, Shiigai M, Uchikawa Y, Watanebe A, Shiotani S, Atake S, Minami M: Reduction en masse of inguinal hernia: MDCT findings of two cases. Hernia. 2015 ;19(6):999-1003. Epub 2014 Jan 12.

11.Uchikawa Y, Mori K, Shiigai M, Konishi T, Hoshiai S, Ishiguro T, Hiyama T, Nakai Y, Minami M: Double Coaxial Microcatheter Technique for Glue Embolization of Renal Arteriovenous Malformations. Cardiovasc Intervent Radiol 2015;[Epub ahead of print]

12.Hoshi T, Sato A, Akiyama D, Hiraya D, Sakai S, Shindo M, Mori K, Minami M, Aonuma K: Coronary high-intensity plaque on T1-weighted magnetic resonance imaging and its association with myocardial injury after percutaneous coronary intervention. Eur Heart J 2015;36(29):1913-1922.

13.Oh S, Maruyama T, Eguchi K, Shida T, Arai E, Isobe T, Okamoto Y, Shoda J: Therapeutic effect of hybrid training of voluntary and electrical muscle contractions in middle-aged obese women with nonalcoholic fatty liver disease: a pilot trial. Ther Clin Risk Manag 2015;11:371-380.

14.Saida T, Tanaka YO, Matsumoto K, Satoh T, Yoshikawa H, Minami M: Revised FIGO staging system for cancer of the ovary, fallopian tube, and peritoneum: important implications for radiologists. Jap J Radiol 2015;1-8.

15.Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Saida T, Minami M, Yoshikawa H: Uterine cervical cancer volumetry using T2- and diffusion-weighted MR images in patients treated by primary surgery and neoadjuvant chemotherapy. Acta Radiol 2015;[Epub ahead of print]

16.Tanaka YO, Okada S, Sakata A, Saida T, Nagai M, Yoshikawa H, Minami M: A Metastatic Ovarian Tumor Mimicking Pregnancy Luteoma Found during Puerperium. Magn Reson Med Sci 2015;[Epub ahead of print]

総説

1.南 学:単純X線写真の実践的な読影力を伝えるために。JCR News 2015;205:12-13.

2.檜山貴志、織田潮人、伊藤裕太、児山 健、飯嶋達生、永井秀雄、佐藤始広、南 学:特徴的な層状の造影効果を呈した十二指腸乳頭炎の1例。臨床放射線、2015;60:1035-1039.

3.増本智彦:【ビギナーのための頭部画像診断-Q&Aアプローチ-】疾患別 放射線壊死と腫瘍再発の鑑別ポイント。 画像診断、2015;35(10):1296–1297.

4.増本智彦:【腫瘍に対する分子標的療法の現状と画像評価】脳腫瘍。画像診断、2015;35(7):773–782.

5.増本智彦, 阿久津博義:【グリオーマ:画像診断の基礎から最近の知見まで】グリオーマの画像所見の最近のトピックス。 臨床画像、 2015;31(10):1200–1209.

6.田中優美子:[総論]婦人科救急疾患 救急画像診断のすべて。臨床放射線、2015;60(11):1379-1384.

著書

1.森 健作:産婦人科における画像診断の進歩.5. IVRの産婦人科領域への応用。日本産婦人科医会編 研修ノート(東京)No.93 2015;41-48.

2.那須克宏:特集最新画像の原理と臨床 躯幹部拡散強調画像による悪政腫瘍の診断。小児外科(東京)2015; 536-542.

3.那須克宏:基礎と臨床の最新研究動向. XI 肝癌の検査、診断、画像診断、MRI拡散強調MRI。最新肝臓学(東京)2015;537-542.

学会発表

1.岡本嘉一、前原淳、金堀哲也、川村卓、南 学:低磁場四肢関節用MRI を用いた野球肘検診の試み. 第26回日本骨軟部放射線研究会(東京)1月、2015

2.Hiyama T, Masumoto T, Shiigai M, Minami M: The sphenoid sinus: clinical imaging anatomy and pathology. European congress of radiology(Vienna)3月、2015

3.檜山貴志、増本智彦、大戸達之、榎園 崇、儘田直美、中馬越清隆、玉岡 明、南 学:MRIにおける末梢神経の異常所見を伴ったKrabbe病の2例.第44回日本神経放射線学会(名古屋)3月、2015

4.星合壮大、増本智彦、松田真秀、杉井成志、坂本規彰、南学:放射線治療後に大脳に生じた血管肉腫の一例. 第44回日本神経放射線学会(名古屋)3月、2015

5.齋田 司、阿竹 茂、椎貝真成.:バリウムを使用した上部消化管造影後に発症した腸管損傷の2例. 第51回日本腹部救急医学会総会(京都)3月、2015

6.Takahashi H, Nasu K, Minami M: Quantitative evaluation of organ atrophy after molecular-targeted therapy.第74回日本医学放射線学会総会(横浜)4月、2015

7.古西崇寛、斎田 司 、関 正則、大津和也、村田聡一郎、大和田洋平、坂田晃子、星合壮大、南  学:小腸ポリープ重積として発症した多発性骨髄腫の一例.  一般社団法人日本超音波医学会第88回学術集会(東京)5月、2015

8.古西崇寛 、斎田 司 、上牧 隆、福田邦明、橋本真治、大城幸雄、星合壮大、佐藤泰樹、南  学:術前に胆嚢癌が疑われた,腫瘤状増大が比較的急速であった慢性胆嚢炎の二例. 一般社団法人日本超音波医学会第88回学術集会(東京)5月、2015

9.森 健作,石黒聡尚,檜山貴志,織田潮人,古西崇寛,南 学:教育的症例「心房細動に対するアブレーション後に血圧低下を来した症例」.東京アンギオ・IVR研究会(東京)6月、2015

10.Okamoto Y, Mori S, Isobe T, Hirano Y, Suzuki H, Minami M : Is intramyocellular lipid a diffusion-restricting factor in skeletal muscle cells? ISMRM 23rd Annual Meeting & Exhibition(Toronto)6月、2015

11.Okamoto Y, Maehara K, Kanahori T : Preliminary results of early detection of baseball elbow using low field magnetic resonance imaging specialized for small joints. ISMRM 23rd Annual Meeting& Exhibition(Toronto)6月、2015

12.檜山貴志、増本智彦、鈴木 豪、和田哲朗、南 学:ANCA関連血管炎性中耳炎(OMAAV)の一例.第44回頭頚部胸部画像研究会(東京)6月、2015

13.檜山貴志、増本智彦、 椎貝真成、中居康展、南 学:Cerebral arteriopathy associated with ACTA2 mutationの1例. 第35回神経放射線ワークショップ(宗像)6月、2015

14.Tanaka YO, Satoh T, Matsumoto K, Sakata A, Saida T, Yoshikawa H, Minami M. Ovarian seromucinous tumors: MR findings. The 5th Asian Congress of Abdominal Radiology 2015. (Hamamatsu)6月、2015

15.Oda S, Tanaka YO. Ovarian Sertori-Leydig cell tumor, CT and MR findings. The 5th Asian Congress of Abdominal Radiology 2015.(Hamamatsu)6月、2015

16.Takahash H, Nasu K, Minami M, Nakano N, Kaneko T: A case of primary intestinal T-cell lymphoma with recurrent bleeding. 第29回日本腹部放射線学会(浜松)6月、2015

17.Tanaka YO . Which modality is needed after treatment follow-up of gynecological malignancies? The 22nd European Society of Urogenital Radiology Symposium 2015. (Copenhagen)9月、2015

18.森 健作,斎田 司,佐藤藤夫,内川容子,古西崇寛,石黒聡尚,檜山貴志,星合壮大,岡本嘉一,那須克宏,南 学:MSDE併用BTFE法を用いた非造影MRIによるステントグラフト内挿術後のエンドリーク検出.第43回日本磁気共鳴学会総会(東京)9月、2015

19.那須克宏、高橋宏彰、南 学.Can computed DWI contribute the diagnosis of breast cancers arisen in dense breasts? 第43回日本磁気共鳴医学会(東京)9月、2015

20.檜山貴志、原 唯史、佐藤始広、辰野 聡、南 学:広範なFDG集積を伴ったIgG4関連大動脈炎の1例.PETサマーセミナー(東京)9月、2015

21.Okamoto Y, Maehara K, Kanahori T: Preliminary results of early detection of baseball elbow in Japanese elementary school boys and girls using low field magnetic resonance imaging specialized for small. 42nd annual meeting International Skeletal Society (Hawaii)9月、2015

22.檜山貴志、織田潮人、古西崇寛、内川容子、星合壮大、森 健作、南 学:子宮内容除去術後の出血に対し、動脈塞栓術を施行した一例、第51回日本医学放射線学会秋季臨床大会(盛岡)10月、2015

23.檜山貴志:咽頭アミロイドーシスの1例、第28回頭頸部放射線研究会(盛岡)10月、2015

24.古西崇寛、斎田 司、渡邊あずさ、椎貝真成、挧木愛登、剱持 明、永井誠一郎、小沢昌慶. 術前診断し得たメッケル憩室憩室炎の一例. 第27回関東甲信越地方会学術集会(東京)11月、2015

25.Minami M, Nasu K, Watadani T, Hoshiai S, Mori K, Takahashi H: Where is your mother?: the key concept to find the primary disease of a solitary metastasis in the abdomen on CT/MRI.101st RSNA(Chicago)11月、2015

26.Nasu K, Takahashi H, Minami M. Are You Dense, too? An approach for Difficult MR mammography to differentiate cancerous tissues from surrounding dense breast. 101st RSNA(Chicago)11月、2015

講演

1.田中優美子:婦人科腫瘍のWHO分類第4版変更のポイント(画像編). 婦人科腫瘍. 「知っていますか?分類・規約の改定」第28回放射線科専門医会ミッドウィンターセミナー 2015 (福岡)1月、2015

2.田中優美子:特別講演 子宮・卵巣腫瘤の画像診断 – Typical & atypical cases -. 第13回長崎画像診断研究会 2015(長崎)2月、2015

3.増本智彦:悪性神経膠腫治療後の画像診断。第14回TNR倶楽部(東京)2月、2015

4.星合壮大:癌の病期診断に必要なリンパ系の知識 消化器。第51回Radiology Update学術講演会(東京)2月、2015

5.南 学:Imagine the invisible!: Imaging of the peritoneum. 画像診断初期セミナー2015 第1回(京都) 4月、2015

6.南 学:Image Interpretation Session. 第74回日本医学放射線学会総会(横浜)4月、2015

7.増本智彦:正常臓器の照射後変化:脳。第74回日本医学放射線学会総会(横浜)4月、2015

8.増本智彦:髄内腫瘍治療後変化(主に悪性神経膠腫について)。第74回日本医学放射線学会総会(横浜)4月、2015

9.岡本嘉一:肘の画像診断。第74回日本医学放射線学会総会(横浜)4月、2015

10.星合壮大:肝胆膵の画像診断 研修医向けレクチャー。第74回日本医学放射線学会総会(横浜)4月、2015

11.南 学:次世代のworkstationに期待するもの。AZE展2015(東京) 5月、2015

12.田中優美子:婦人科疾患の画像診断Common disease とその pitfall. 第9回 Radiology Seminar Izumo 2015(出雲)5月、2015

13.南 学:Educational Seminar: Quiz cases. The 5th Asian Congress of Abdominal Radiology (ACAR)(Hamamatsu)6月, 2015

14.齋田 司:Educational seminar: US development and artifact. The 5th Asian Congress of Abdominal Radiology (ACAR)(Hamamatsu)6月, 2015

15.田中優美子:救急画像診断の達人を目指そう. 婦人科救急. Advanced CT・MR 2015. (軽井沢)6月、2015

16.森 健作,渋谷陽子:保険適用後の子宮動脈塞栓術。茨城画像診断研究会(つくば)6月、2015

17.増本智彦:脳腫瘍治療後の画像診断。Advanced CT・MR 2015(長野)6月、2015

18.増本智彦:腫瘍?非腫瘍?類似症例で学ぶ中枢神経系腫瘍の画像診断。神経疾患に親しみ強くなる会/第5回教育セミナー(東京)6月、2015

19.森 健作:IVR前検査としてのCT。茨城県診療放射線技師会平成27年度第1回茨城CT研究会(水戸)8月、2015

20.田中優美子:ワークショップ2. 婦人科悪性腫瘍のガイドラインから画像フォローアップを考える. CT/MRIによるフォローアップ. JSAWI 第16回シンポジウム. 2015 (淡路)9月、2015

21.増本智彦:悪性神経膠腫に対するベバシズマブ治療後の画像変化。第43回日本磁気共鳴医学会大会(東京)9月、2015

22.森 健作,渋谷陽子:保険適用後の子宮動脈塞栓術。IVR技術交流会(東京)9月、2015

23.増本智彦:脳MRIでよく見る所見 正常?異常?MR情報交換会(茨城)10月、2015

24.Mori K:Assessment of ablative margin after radiofrequency ablation for HCCs using superparamagnetic iron oxide. Autumn Seminar 2015 of Chinese Taipei Society of Radiology HCC forum co-sponsored by Asian Oceanian School of Radiology(Taipei)10月、2015

25.田中優美子:多種多様な画像所見から極める common disease 『女性骨盤』. 第44回断層映像研究会 2015 (東京)10月、2015

26.田中優美子: 教育シンポジウム3 、若手医師のためのがん画像診断学講座-転移診断Update. 腹腔内播種の画像診断:現状と展望. 第53回 日本癌治療学会学術集会 2015 (京都)10月、2015

27.増本智彦:The Motion of CSF, Brain and Spinal Cord Visualized by MRI. The 10th Asian Oceanian Congress of Neuroradiology (AOCNR2015)(福岡)11月、2015.

28.増本智彦:脳腫瘍治療後の画像変化 ~ベバシズマブを中心に~。北総脳腫瘍研究会(千葉)
11月、2015

29.南 学:研修指導者講習会:専門医制度。第448回日本医学放射線学会関東地方会(東京)12月、2015

30.増本智彦:脳腫瘍の画像診断 ~治療後を中心に~。相模原MRI画像診断セミナー(神奈川)12月、2015

31.岡本嘉一:MRI を用いた骨格筋微小解剖の解。 第19回MR実践講座「骨軟部領域MRI update」(京都)12月、2015

班会議

1.田中優美子:JCOG 婦人科腫瘍グループ班会議(JCOG0602画像中央委員会 委員長)

2014年

受賞

1.田中優美子:第5回女性健康科学研究会ベストプレゼンター賞MRI を用いた 卵巣癌の組織分類に関する研究 ‒ 術前化学療法を成功させるために –

2.齋田 司:Certificate of Merit The100th Annual meeting of Radiological Society of North America (RSNA),2014.

3.古西崇寛、椎貝真成、森 健作、星合壮大、内川容子、石黒聡尚、織田潮人、佐藤藤夫、南 学:EVAR後のtype II endoleakに対して、経皮経椎間板的にCTガイド下穿刺塞栓術を行った一例.第43回日本IVR学会総会ポスター賞(奈良)5月、2014

論文発表

1.Ikeda G, Tsuruta W, Nakai Y, Shiigai M, Marushima A, Masumoto T, Tsurushima H, Matsumura A: Anatomical risk factors for ischemic lesions associated with carotid artery stenting. Interv Neuroradiol 2014;20(6):746–754.

2.Masuda Y, Yamamoto T, Akutsu H, Shiigai M, Masumoto T, Ishikawa E, Matsuda M, Matsumura A: Usefulness of Subtraction of 3D T2WI-DRIVE from Contrast-Enhanced 3D T1WI: Preoperative Evaluations of the Neurovascular Anatomy of Patients with Neurovascular Compression Syndrome. AJNR Am J Neuroradiol 2014;[Epub ahead of print]

3.Matsubara T, Ishikawa E, Hirata K, Matsuda M, Akutsu H, Masumoto T, Zaboronok A, Matsumura A: A new mechanism of cerebrospinal fluid leakage after lumboperitoneal shunt: a theory of shunt side hole–case report. Neurol Med Chir (Tokyo) 2014;54(7):572–577.

4.Takano S, Ishikawa E, Nakai K, Matsuda M, Masumoto T, Yamamoto T, Matsumura A: Bevacizumab in Japanese patients with malignant glioma: from basic research to clinical trial. Onco Targets Ther 2014;7:1551–1562.

5.Hiyama T, Masumoto T, Shiigai M, Akutsu H, Matsumura A, Minami M: Optic chiasmal edema observed on T2-weighted MR images: a reversible finding in obstructive hydrocephalus. Jpn J Radiol 2015;[Epub ahead of print]

6.Yamamoto T, Isobe T, Akutsu H, Masumoto T, Ando H, Sato E, Takada K, Anno I, Matsumura A: Influence of echo time in quantitative proton MR spectroscopy using LC Model. Magn Reson Imaging 2015;[Epub ahead of print].

7.Oh S, Shida T, Sawai A, Maruyama T, Eguchi K, Isobe T, Okamoto Y, Someya N, Tanaka K, Arai E, Tozawa A, Shoda J: Acceleration training for managing nonalcoholic fatty liver disease: a pilot study. Ther Clin Risk Manag. 2014;10:925-936.

8.Okamoto Y, Kemp GJ, Isobe T, Sato E, Hirano Y, Shoda J, Minami M: Changes in diffusion tensor imaging (DTI) eigenvalues of skeletal muscle due to hybrid exercise training. Magn Reson Imaging 2014;32(10):1297-1300.

9.Kawamura R, Seo Y, Ishizu T, Atsumi A, Yamamoto M, Machino-Ohtsuka T, Nakajima H, Sakai S, Tanaka YO, Minami M, Aonuma K. Feasibility of left ventricular volume measurements by three-dimensional speckle tracking echocardiography depends on image quality and degree of left ventricular enlargement. Validation study with cardiac magnetic resonance imaging. J Cardiol 2014;63(3):230-238.

総説

1.森 健作:消化器MRIの読み方:SPIOのクリアランス障害を用いたMRIによるRFA後の焼灼マージン評価。臨牀消化器内、2014;29(8):1159-1163.

2.那須克宏:消化器MRIの読み方/5:拡散強調画像とADC map。臨床消化器内科、 2014;29:614-621.

3.那須克宏:日常診療でできるがん検診・がん予防、全身的ながん検診3)MRIによるがんの適時発見は可能か?。診断と治療、2014;102:673-678.

4.那須克宏:MRCPの20年と胆膵画像診断の進歩、エキスパートに学ぶ診断技術と読影法:BTFEによる膵胆管イメージングとMSDE。画像診断、2014;30:1362-137.

5.増本智彦:正常臓器の照射後変化 再発との鑑別を含めて 脳。画像診断、2014;34(9):1019–1031.

6.増本智彦:悪性神経膠腫の最近の薬物治療後変化(pseudoprogression、pseudoresponse、ギリアデル)。画像診断、2014;34(1):13–15.

7.南 学:腹部画像診断における5つのKey points。画像診断、2014;34:1217-1229.

著書

1.増本智彦:脳腫瘍/頭蓋骨腫瘍 検査法と読影の勘ドコロ 他。高橋雅士, 前田正幸編著:新 頭部画像診断の勘ドコロ、メジカルビュー社(東京); 2014;162–175.

2.増本智彦:神経サルコイドーシス,神経Behçet病。土屋一洋、 山田惠、 森 墾編著:頭部疾患画像アトラス、羊土社(東京); 2014; 206–214.

3.編著書:西村一雅、南 学、下野太郎:画像診断を考える:よりよい診断のために。第2版、秀潤社(東京);2014.

4.翻訳書:南 学:マンモグラフィ読影アトラス、メディカル・サイエンス・インターショナル(東京);2014.

5.岡本嘉一、磯辺智範、平野雄二:骨格筋のMRI 。MRIルーチンクリニカルブック増刊、映像情報メディカル(東京); 2014;46(14) 71-78.

6.岡本嘉一:第3章 肘関節。新骨軟部画像診断の勘ドコロ、メジカルビュー(東京); 2014;436-453

7.岡本嘉一:第9章 その他の疾患。骨軟部画像診断スタンダード、メディカルサイエンスインターナショナル(東京);348-351.

8.田中優美子:産婦人科の画像診断。金原出版(東京);2014.

9.那須克宏: Chapter 2 Diagnosis of hepatocellular carcinoma using CT and MRI ,Therapy for hepatocellular carcinoma, etilogy and treatments.

10.那須克宏:肝癌の検査、診断、画像診断MRI拡散強調MR。最新肝臓学:基礎と臨床の最新研究動向XI、日本臨床社(東京);537-542,2014.

学会発表

1.Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Oki A, Yoshikawa H, Saida T, Minami M: Surface-epithelial ovarian carcinoma: imaging and clinical characteristics of each subtype. European Congress of Radiology . (Vienna) 3月、2014

2.Saida T, Shiotani S, Kobayashi T, Mori K, Ishikawa H, Ichimura H, Minami M: Steady-state free-precession sequence in differentiating lung cancer from adjacent atelectasis. European Congress of Radiology(ECR)3月、2014

3.Nagai H, Nasu K, Mori K, Minami M: Re-evaluation of the contrast uptake in the hepatic tumour at Gd-DTAP-EOB-enhanced MRI: the facts revealed by calibration-constant split-dynamic technique. European Congress of Radiology (Vienna)3月、2014

4.増本智彦、椎貝真成、阿久津博義、中井 啓、南 学:脈波同期シネMRIを用いた脊髄ヘルニア・くも膜嚢胞における脊髄拍動の観察. 第43回日本神経放射線学会(鳥取)3月、2014

5.増本智彦、椎貝真成、南 学、山本哲哉:悪性神経膠腫治療後の画像診断. 第73回日本医学放射線学会学術集会(神奈川)4月、2014

6.森 健作、福田邦明*、那須克宏、斎田 司、星合壮大、檜山貴志、内川容子、石黒聡尚、古西崇寛、永井美智子、織田潮人、南 学:RFA後の肝細胞癌局所再発と焼灼マージンの関係について:SPIOを用いた焼灼マージン評価法による検討.第43回日本IVR学会総会(奈良)5月、2014

7.古西崇寛、椎貝真成、森 健作、星合壮大、内川容子、石黒聡尚、織田潮人、佐藤藤夫、南 学:EVAR後のtype II endoleakに対して、経皮経椎間板的にCTガイド下穿刺塞栓術を行った一例.第43回日本IVR学会総会(奈良)5月、2014

8.内川容子、椎貝真成、高橋信幸,渡辺あずさ、森 健作、星合壮大、古西崇寛、石黒聡尚、檜山貴志、織田潮人、小澤雄一郎、市村秀夫、五本木武志、南 学:神経線維腫症1型に合併した右血胸に対してNBCAを用いた動脈塞栓術を施行した一例.第43回日本IVR学会総会(奈良)5月、2014

9.田中優美子:第4回研究結果報告:MRIを用いた卵巣癌の組織分類に関する研究 -術前化学療法を成功させるために-. 第5回女性健康科学研究会総会 (大阪)5月、2014

10.織田潮人、檜山貴志、伊藤裕太、児山 健、中尾啓太、清嶋護之、飯嶋達夫、佐藤始広:子宮摘出後21年で遅発性肺転移と診断された低悪性度子宮内膜間質肉腫の一例. 第43回頭頸部・胸部放射線研究会(東京)5月、2014

11.森 健作、内川容子、古西崇寛、星合壮大、檜山貴志、石黒聡尚、高橋宏彰、南 学、 佐藤藤夫、石毛和紀:胸部下行大動脈瘤に対するTEVAR後に食道潰瘍からの出血を来した一例.東京アンギオIVR会(東京)6月、2014

12.檜山貴志、織田潮人、伊藤裕太、児山 健、飯嶋達生、永井秀雄、佐藤始広、南 学:特徴的な層状の造影効果を呈した十二指腸乳頭炎の1例、第28回 日本腹部放射線学会(秋田)6月、2014

13.酒井正史、那須克宏、椎貝真成、星合壮大、古西崇寛、末富崇弘、西山博之、上杉 憲子、野口雅之、南 学:plasmacytoid urothelial carcinomaの1例. 第28回日本腹部放射線学会(秋田)6月、2014

14.檜山貴志、増本智彦、古西崇寛、椎貝真成、南  学:Acquired left temporal lobe encephalocele in the lateral recess of the sphenoid sinusの1例. 第34回神経放射線ワークショップ(京都)6月、2014

15.Hoshiai S, Nasu K, Mori K, Uchikawa Y, Hiyama T, Hara T, Sugano M, Oda T, Minami M: Two cases of intraductal tubulopapillary neoplasms of the pancreas with vivid contrast enhancement. 第28回 日本腹部放射線学会(秋田)6月、2014

16.増本智彦:筑波大学附属病院における CIRCUS CSの使用経験. 第7回次世代コンピュータ支援診断ソフトウェア臨床使用・評価プラットフォーム研究会(東京)7月、2014

17.岡本嘉一、磯辺智範、平野雄二、正田純一、南 学:筋肉トレーニングによる骨格筋細胞内拡散変化の追跡. 第42回日本磁気共鳴医学会大会(京都)9月、2014

18.Tanaka YO, Yagi T, Okada S, Sakata A, Satoh T, Matsumoto K, Saida T, Yoshikawa H, Minami M: Malignant clear cell and endometrioid adenofibromatous tumor of the ovary can show benign-looking tumor on MR. The 15th Asian Oceanian Congress of Radiology (Kobe)9月,2014

19.Saida T, Shiotani S, Kobayashi T, Mori K, Ishikawa H, Ichimura H, Minami M: Steady-state free-precession sequence in differentiating lung cancer from adjacent atelectasis. The 15th Asian Oceanian Congress of Radiology (Kobe)9月,2014

20.Konishi T, Mori K, Uchikawa Y, Hoshiai S, Shiigai M, Ohara R, Minami M: Angiographically treated ruptured aneurysm of the uterine artery in a pregnant patient. Cardiovascular and interventional radiological society of Europe meeting 2014 (Glasgow)9月, 2014

21.那須克宏:Split法を用いたGd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞相における肝実質・腫瘤間コントラストの再評価. 第42回磁気共鳴医学会(京都)9月、2014

22.岡本嘉一、前原 淳、澤井朱美:野球肘のMRI による検診の試み. 第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会、国立スポーツ科学センター(東京)11月、2014

23.Saida T, Tanaka YO, Matsumoto K, Satoh T, Yoshikawa H, Minami M: The Revised FIGO Staging System for Cancer of the Ovary, Fallopian Tube, and Peritoneum: Important Implications for Radiologists. 100th Scientific Assembly and Annual Meeting of the Radiological Society of North America 2014. (Chicago)12月、2014

24.Mori K, Saida T, Sato F, Nasu K, Ishiguro T, Konishi T, Uchikawa U, Hoshiai S, Hiyama T, Minami M: Detection of endoleaks after endovascular aneurysm repair using unenhanced MR imaging : diagnostic accuracy of balanced turbo field echo sequence with motion-sensitized driven equilibrium. The 100th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America (Chicago)12月、2014

講演

1.増本智彦:diffusion-weighted MR neurographyの臨床応用。第25回日本骨軟部放射線研究会(東京)1月、2014

2.岡本嘉一:MRIによる骨格筋の新解析手法。第25回日本骨軟部放射線研究会(東京)1月、2014

3.南 学:13 secret ways to become a better radiologist: より良い放射線科医になるための13の秘訣。第14回桜山イメージングセミナー(名古屋)2月、2014

4.南 学:私の歩んできた3次元画像診断と将来展望。3Dバーチャル手術シミュレーションプロジェクト第4回講演会 (つくば) 4月、2014

5.増本智彦: 悪性神経膠腫の画像診断について。第34回日本脳神経外科コングレス総会(大阪)5月、2014

6.増本智彦:放射線検査で病気がここまでわかる。平成26年度関東甲信越診療放射線技師学術大会(茨城)6月、2014

7.南 学: 歯科医のための基本から学ぶ胸部画像診断。第55回日本歯科放射線学会総会(東京) 6月、2014

8.南 学:消化管非腫瘍性疾患の診断におけるCTによるアプローチ。第5回平成メトロポリタン消化器研究会(東京) 7月、2014

9.南 学:診断の決め手となる撮像断面とコントラスト腹部。第33回東京MRI研究会(東京) 7月、2014

10.Tanaka YO : Basic Concepts of Cross Sectional Anatomy for NM Physicians: Female Pelvic Cavity. IAEA/RCA Regional Training Course on Improving Cancer Management with Hybrid Nuclear Medicine Imaging 2014. (Chiba)7月、2014

11.田中優美子:婦人科炎症性疾患の画像診断。第18回湘南地区画像診断学術講演会(厚木) 7月、2014

12.増本智彦:神経膠腫治療後の画像診断~アバスチンを中心に~。Avastin malignant glioma適応拡大1周年学術講演会(熊本)8月、2014

13.岡本嘉一:MRI 拡散強調画像を極める。第25回骨軟部放射線セミナー(札幌) 8月、2014

14.増本智彦:悪性神経膠腫の画像診断~治療前から治療後まで~。平成26年度神経科学セミナー(茨城)9月、2014

15.増本智彦:Gliomaの診断:新しい薬物治療後の変化を中心に。第50回日本医学放射線学会秋季臨床大会(兵庫)9月、2014

16.田中優美子:ワークショップⅡ 「婦人科 common disease のピットフォール」子宮筋腫:この奥深き common disease。JSAWI 第15回シンポジウム(淡路)9月、2014

17.Tanaka YO : Educational Lecture 17. Genitourinary 2 “Diagnostic Imaging of Infectious Disease of Obstetrics and Gynecology”. Diagnostic imaging of infectious diseases affecting female genital tract. 15th Asian Oceanian Congress of Radiology (Kobe, Japan)9月、2014

18.南 学:Imagine the invisible!:腹部放射炎診断における腹膜の重要性。第11回はりま画像診断セミナー(姫路) 9月、2014

19.南 学:Next Quarter of Century:展望と課題 IV. 消化器。第50回Radiology Update (東京) 11月、2014

20.那須克宏:Re:Visit body MRI。茨城MRIカンファレンス(茨城)11月、2014

21.田中優美子:婦人科疾患の画像診断 – Common disease を中心に –。第4回広島女性医療若手の会 2014( 広島)12月、2014

22.南 学:研修指導者講習会:専門医制度。第446回日本医学放射線学会関東地方会(東京)12月、2014

23.南 学:フィルムリーディングセッション。第446回日本医学放射線学会関東地方会(東京)12月、2014

班会議

田中優美子: 日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG) 婦人科腫瘍グループ

2013年

受賞

1. 星合壮大、森健作、椎貝真成、岡本嘉一、塩谷清司、 阿竹茂、南 学: 稀な鼠径部のヘルニアの2例;鼠径ヘルニア偽還納とLaugierヘルニア.打田賞 第27回腹部放射線研究会, 2013

2. Kaneda T, Minami M, Curtin HD, Sakai O, Mori S, Miya K:Normal anatomy and pathological correlation of the maxillomandibular region using 64 multi-detector row CT.Certificate of merit, 99th Radiological Society of North America, 2013.

3. 田中優美子:研究テーマ「MRIを用いた卵巣癌の組織分類に関する研究-術前化学療法を成功させるために-」.第4 回ロート女性健康科学研究会助成医学研究助成金

論文発表

1. Matsubara T, Ishikawa E, Hirata K, Matsuda M, Akutsu H, Masumoto T, Zaboronok A, Matsumura A. A New Mechanism of Cerebrospinal Fluid Leakage after Lumboperitoneal Shunt: A Theory of Shunt Side Hole-Case Report. Neurol Med Chir (Tokyo) 2013;

2. Onuma K, Ishikawa E, Matsuda M, Hirata K, Osuka S, Yamamoto T, Masumoto T, Zaboronok A, Matsumura A. Clinical characteristics and neuroimaging findings in 12 cases of recurrent glioblastoma with communicating hydrocephalus. Neurol Med Chir (Tokyo) 2013;53(7):474–81.

3. Sato M, Nakai Y, Tsurushima H, Shiigai M, Masumoto T, Matsumura A. Risk factors of ischemic lesions related to cerebral angiography and neuro-interventional procedures. Neurol Med Chir (Tokyo) 2013;53(6):381–7.

4. Sato M, Takigawa T, Shiigai M, Tamura G, Masumoto T, Nakai Y, Zaboronok A, Tsurushima H, Matsumura A. Spinal dural arteriovenous fistula with lipomyelodysplasia. Neurol Med Chir (Tokyo) 2013;53(2):107–9.

5. Takatori Y, Moro T, Kamogawa M, Oda H, Morimoto S, Umeyama T, Minami M, Sugimoto H, Nakamura S, Karita T, Kim J, Koyama Y, Ito H, Kawaguchi H, Nakamura K. Poly(2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine)-grafted highly cross-linked polyethylene liner in primary total hip replacement: one-year results of a prospective cohort study. J Artif Organs 2013;16:170-175.

6. Furuta T, Yamaguchi M, Nakagami R, Akahane M, Minami M, Ohtomo K, Moriyama N, Fujii H. Delayed hepatic signal recovery on ferucarbotran-enhanced magnetic resonance images: an experimental study in rat livers with gadolinium chloride-induced Kupffer cell damage. MAGMA 2013;26:313-24.

7. Fukushima H, Fukushima T, Suzuki R, Enokizono T, Matsunaga M, Nakao T, Koike K, Mori K, Matsueda K, Sumazaki R. Continuous regional arterial infusion effective for children with acute necrotizing pancreatitis even under neutropenia. Pediatr Int. 2013 Apr;55(2):e11-3. doi: 10.1111/j.1442-200X.2012.03702.x.

8. Oshiro Y, Sasaki R, Nasu K, Ohkochi N. A novel preoperative fusion analysis using three-dimensional MDCT combined with three dimensional MRI for patients with hilar cholangiocarcinoma. Clin Imaging. 2013; 37: 772-4. doi: 10.1016/j.clinmag.2013.02.002

9. Yokosawa M, Tsuboi H, Nasu K, Hagiya C, Hagiwara S, Ogishima H, Hirota T, Horikoshi M, Kondo Y, Sugihara M, Suzuki T, Minami M, Bukawa H, Matsumoto I, Sumida T. Usefulness of MR imaging of the parotid glands in patients with Sjogren’s syndrome. Rheumatology 2013 (in press).

10. Saida T, Mori K, Yabe H, Shindo M, Nasu K, Shiigai M, Takahashi H, Minami M. Noninvasive visualization of endoleaks after endovascular aortic aneurysm repair through unenhanced MRI with motion-sensitized driven equilibrium preparation: Phantom experiments. J Magn Reson Imaging. 2013;38:714-721.

11. Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Oki A, Saida T, Yoshikawa H, Minami M: Diversity in size and signal intensity in multilocular cystic ovarian masses: new parameters for distinguishing metastatic from primary mucinous ovarian neoplasms. J Magn Reson Imaging 38(4):794-801, 2013

12. Tasaka N, Matsumoto K, Satoh T, Minaguchi T, Onuki M, Ochi H, Tanaka YO, Sakata A, Noguchi M, Yoshikawa H: Therapeutic effect of dienogest on adenosarcoma arising from endometriosis: a case report. Springerplus 2:618, 2013

13. Kawamura R, Seo Y, Ishizu T, Atsumi A, Yamamoto M, Machino-Ohtsuka T, Nakajima H, Sakai S, Tanaka YO, Minami M, Aonuma K: Feasibility of left ventricular volume measurements by three-dimensional speckle tracking echocardiography depends on image quality and degree of left ventricular enlargement: Validation study with cardiac magnetic resonance imaging. J Cardiol 63(3):230-8, 2014

14. Satoh T, Matsumoto K, Tanaka YO, Akiyama A, Nakao S, Sakurai M, Ochi H, Onuki M, Minaguchi T, Sakurai H, Yoshikawa H: Incidence of venous thromboembolism before treatment in cervical cancer and the impact of management on venous thromboembolism after commencement of treatment. Thromb Res, 2013

15. 南 学、画像をめぐるコミュニケーションの問題:私の体験から、臨床画像 29(12), 1459-1462, 2013.12

16. 増本智彦, 椎貝真成, 檜山貴志:神経学的所見と画像診断. Intensivist 2013年3号

17. 鈴木智晴, 金井貴夫, 上月ゆり子, 加藤大祐, 錦健太, 田中優美子, 佐藤匡美, 徳田安春:肝胆膵MRI所見が契機となってIgG4関連疾患と診断し得た一例. 日本病院総合診療医学会雑誌3巻2号2012.12

18. 五十野桃子, 金井貴夫, 熊谷亮, 大房隆行, 広川理恵, 太田良雄, 田中優美子, 近藤譲, 徳田安春:眼窩腫瘍による眼球突出を呈しIgG4関連ミクリッツ病とMALTリンパ腫との鑑別に難渋した一例. 日本病院総合診療医学会雑誌3巻2号2012.12

19. 田中優美子:画像による婦人科腫瘍の治療効果判定.日本婦人科腫瘍学会雑誌31巻3号2013.06

20. 田中優美子:婦人科領域の画像診断 日常診療から新しい技術の応用まで Gynecologic Oncology卵巣腫瘍の画像診断を中心に. 日本婦人科腫瘍学会雑誌31巻3号2013.06

21. 増本智彦:悪性神経膠腫の最近の薬物治療後変化(pseudoprogression、pseudoresponse、ギリアデル). 画像診断34(1):13–15,2013

22. 増本智彦:膠芽腫のMRIのすべて. 画像診断33(14):1622–1635,2013

23. 南 学:画像をめぐるコミュニケーションの問題:私の体験から.臨床画像

著書

1. 南 学:マンモグラフィ読影アトラス.メディカル・サイエンス・インターナショナル

2. 那須克宏:肝:拡散強調画像における動きの影響. MRI応用自在

3. 那須克宏:直腸:直腸癌の治療法決定におけるMRIの役割. MRI応用自在

4. 那須克宏:膵臓:膵嚢胞性腫瘤. これでわかる拡散MRI

学会発表

1. 星合壮大, 椎貝真成, 増本智彦, 中居康展, 南 学: 脊髄硬膜動静脈瘻におけるAdamkiewicz動脈のCTによる同定:前根髄質動脈の走行に着目した手法.第42 回日本神経放射線学会(北九州)2月.2013

2. 岡本嘉一、磯辺智範、平野雄二、鈴木浩明、正田純一、南 学: 骨格筋のMRI-人体骨格筋の拡散テンソル画像を用いた研究- .Body diffusion 研究会 東京 2月,2013

3. Hashimoto M, Nasu K, Mori K, Minami M:Split dynamic technique in gadoxetate enhanced MRI; The basic concept and validity.The 4th Asian Congress of Abdominal Radiology(Kaohsiung )3月,2013.

4. Hashimoto M, Nasu K, Mori K, Minami M:Feasibility of split technique in EOB-dynamic MRI of the liver.第72回日本医学放射線学会総会(横浜)4月,2013

5. Okamoto Y, Isobe T, Hirano Y:Changes in diffusion tensor imaging (DTI) eigenvalues of skeletal muscle due to hybrid exercise training .ISMRM 21th annual meeting. (Salt Lake City USA )4月,2013

6. Okamoto Y, Isobe T, Hirano Y: Different kinetics of post-exercise perfusion fraction by diffusion-weighted imaging between athletes and non-athletes. ISMRM 21th annual meeting. (Salt Lake City USA )4月,2013

7. Okamoto Y, Isobe T, Hirano Y: Does skeletal muscle contain fast and slow diffusion components in high b-value diffusion weighted imaging (DWI).ISMRM 21th annual meeting. (Salt Lake City USA) 4月,2013

8. Okamoto Y, Isobe T, Hirano Y:Slow training effect on intracellular lipid in skeletal muscle. ISMRM 21th annual meeting. (Salt Lake City USA )4月,2013

9. Nasu K:The patients showing contrast washout after portal phase; the novel findings disclosed by split EOB-dynamic study.第72回日本医学放射線学会総会(横浜),4月,2013

10. Mori K, Saida T, Yabe H, Shindo M, Nasu K, Shiigai M, Takahashi H, Minami M:Noninvasive visualization of endoleaks after EVAR through unenhanced magnetic resonance imaging with MSDE: phantom experiments.第42回日本IVR学会総会(軽井沢)5月,2013

11. 内川容子、森健作、椎貝真成、南 学、中島智美、佐藤藤夫:感染性腹部大動脈瘤に対する大動脈閉鎖後の腹部大動脈遠位断端仮性瘤を加温17%NBCA-lipiodolを用いて塞栓を行った一例第42回日本IVR学会総会(軽井沢)5月,2013

12. 星合壮大、森健作、椎貝真成、渋谷陽子、南 学, 足立孝二:血管内治療を行った 小児陰嚢AVMの一例.第12回血管腫・血管奇形IVR研究会(軽井沢)5月, 2013

13. 星合壮大、森健作、椎貝真成、岡本嘉一、塩谷清司、 阿竹茂、南 学:稀な鼠径 部のヘルニアの2例;鼠径ヘルニア偽還納とLaugierヘルニア.第27回腹部放射線研究会(宇都宮)6月, 2013打田賞受賞講演.

14. 橋本美智子、椎貝真成、圷大輔、鯨岡結賀、福田邦明、南 学:被膜下出血を契機に血管型 Ehlers-Danlos 症候群と診断された1例.第443回日本医学放射線学会関東地方会(東京)6月,2013

15. Nasu K:Split-dynamic法をEOB-MRIに導入することの意義について.第27回腹部放射線 研究会(宇都宮)6月,2013

16. 田中優美子, 岡田智志, 坂田晃子, 斎田司, 橋本美智子, 吉川裕之, 野口雅之, 南 学: 産褥期に診断された転移性卵巣腫瘍の1例. 第27回腹部放射線研究会 (宇都宮)6月,2013

17. 原唯史,佐藤始広,南 学,岡卓志,吉見富洋、永井秀雄,鈴木秀雄, 籏野健太郎:脾血管肉腫2 症例のFDG-PET/CT 所見について.第79回日本核医学会関東甲信越地方会(東京)7月,2013

18. 永井美智子、山口雅之、中神龍太朗、森 健作、南 学、藤井博史:肝がんラジオ波焼灼マージンにおけるferucarbotran造影MRI低信号の成因を解明.するための動物モデル作製.第41回日本磁気共鳴医学会(徳島),9月2013

19. 岡本嘉一, 磯辺智範, 平野雄二:IVIM-Perfusion を用いた骨格筋血流の間接測定の試み .第41回日本磁気共鳴医学会(徳島),9月2013

20. 岡本嘉一:1H-MRS (Spectroscopy) による骨格筋脂肪と肝臓脂肪の同時測定の試み.第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会(熊本)10月,2013

21. 岡本嘉一:IVIM-Perfusion を用いた骨格筋血流の間接測定の試み第.24回日本臨床スポーツ医学会学術集会(熊本)10月,2013

22. 星合壮大, 椎貝真成, 増本智彦, 内川容子, 鶴田和太郎, 中居康展, 南 学:Hematomyeliaで発症した頸椎レベルperimedullary AVFの一例.第49回日本 医学放射線学会秋季臨床大会(名古屋)10月, 2013

23. Mori K, Fukuda K, Nasu K, Saida T, Nagai M, Minami M:A minimal ablative margin is acceptable for RFA of small hepatocellular carcinoma: a long-term, follow-up study using MRI with impaired ferucarbotran clearance.The 99th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America (シカゴ)12月,2013

24. Nasu K:The role of MRI in preoperative rectal cancer staginh in current era: How to use volume isotropic .T2-acquistion (VISTA) and pseudo-volumetric diffusion weighted imaging (PV-DWI).The 99th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America (シカゴ)12月,2013

25. Okamoto Y, Isobe T, Hirano Y, Nasu K, Minami M: Skeletal muscle MRI– Great potential for future clinical application.The 99th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America (シカゴ)12月,2013

講演

1. 田中優美子: 卵巣病変の MR 診断 -上皮性腫瘍を中心に-. 大分県放射線科医の会 特別講演会(大分)1月.2013

2. 南 学:放射線科医が診断すべき日常迷う症例:腹部・腫瘍性病変.日本医学放射線学会関東地方会セミナー (東京)2月.2013

3. 田中優美子: 周産期合併症の画像診断. 第29回多摩画像医学カンファレンス(東京)2月2013

4. 田中優美子:【放射線科医が診断すべき日常迷う症例】女性生殖器. 日本医学放射線学会関東地方会セミナ-(東京)2月.2013

5. 南 学:Where are you from?: CT/MR determination of the origin of abdominal tumors. 4th Asian Congress of Abdominal Radiology(Kaohsiung, Taiwan)3月,2013.

6. 岡本嘉一:Imaging of the Elbow Joint – minimal essence – .第72回日本医学放射線学会総会 (横浜)4月,2013

7. 南 学:放射線部に求められる放射線診断専門医育成のための環境.第44回全国国立大学法人放射線診療部門会議(島根) 5月,2013

8. 田中優美子:【第4回受賞者テーマ紹介】MRIを用いた卵巣癌の組織分類に関する研究 -術前化学療法を成功させるために-. 第4回女性健康科学研究会総会(大阪)5月,2013

9. 那須 克宏: 造影剤、基礎と臨床、危険性と有効性.竜ヶ崎医師会(茨城)5月,2013

10. 南 学:To be a better radiologist:より良い放射線科医になるための工夫.第443回日本医学放射線学会関東地方会 (東京)6月,2013

11. 南 学:研修指導者講習会:専門医制度.第443回日本医学放射線学会関東地方会 (東京)6月,2013

12. 森 健作:IVR支援画像としての非造影MRI・MRA.関東MRI研究会(東京)7月.2013

13. 田中優美子: 招請講演 (1) 画像による婦人科腫瘍の治療効果判定. 第54回日本婦人科腫瘍学会学術講演会(東京)7月,2013

14. 南 学:腹部画像診断:上腹部編 より良い画像検査でより多くの情報を引き出すためのポイント.第29回日本診療放射線技師学術大会(島根) 9月,2013

15. 増本智彦:神経学的所見と画像診断.第19回JSEPTICセミナー(東京)9月,2013

16. 田中優美子: 教育シンポジウム (2)「婦人科領域の画像診断〜日常診療から新しい技術の応用まで〜」講演1 Gynecologic Oncology:卵巣腫瘍の画像診断を中心に. 第54回日本婦人科腫瘍学会学術講演会(東京)7月,2013

17. 岡本嘉一 原友紀 鯨岡結賀: 上肢の外傷:単純写真 ~整形外科医が必要とする情報~ .骨軟部放射線セミナー (東京)8月,2013

18. 檜山貴志、南 学、小熊栄二、他:ICUにおける胸部単純写真の読影.第22回日本集中治療学会関東甲信越地方会(つくば)8月,2013

19. 中尾砂理, 田中優美子: ワークショップⅣ「婦人科腫瘍画像診断におけるPitfall」卵巣腫瘍画像診断におけるPitfall. JSAWI 第13回シンポジウム(淡路)9月,2013

20. 那須克宏: シンポジウム MRCPの現状と今後、MSDEは今後のMR hydrographyに必須な技術たりえるか?第42回日本磁気共鳴医学会(京都)9月,2013

21. 田中優美子: 子宮内膜症とその腫瘍化の画像診断. 第48回 Radiology Update(東京)11月,2013

22. 那須克宏:膵neuroendocrine tumorの画像診断とNETと鑑別が必要な膵腫瘤性病変.第9回Tokyo Neuro-endocrine tumor conference(東京)11月,2013

班会議

1. 田中優美子:JCOG0602「 III期/IV期卵巣癌、卵管癌、腹膜癌に対する手術先行治療 vs. 化学療法先行治療のランダム化比較試験」画像中央判定委員会 委員長

2. 那須克宏:厚生労働省班会議森山班(黒木小班)法併用EOBプリモビスト肝dynamic study その基本的概念と有効性

3. 那須克宏:厚生労働省班会議佐竹班(黒木小班)split-dynamic法をEOB-MRIに導入することの意義について

Home > 研究・業績

メタ情報

Return to page top