Skip to content

教室について

教室について

ご挨拶

令和の始まり(正確には202011月)から、4代目になる筑波大学医学医療系放射線診断・IVR教室の主任教授を拝命しました中島崇仁(なかじまたかひと)と申します。General radiologistの育成というこれまでの伝統を引き継ぎながら、これから20年先の放射線科医のあり方を目指して、私の専門分野である分子イメージング(核医学・PET・光イメージング・光免疫療法など)を加えてより発展した新しい教室にしていきたいと考えています。

私たちの研究室では、筑波大学という立地を活かして、AI(人工知能)を使った画像診断の研究を行っています。私たちのAI研究の成果が、画像の判定において、人と同等もしくは人以上の結果が出せるという研究発表をするたびに、医学生の間にはAIが発達することで、放射線科医の仕事がなくなるのではないかという心配があるようです。これは、「放射線科医は5年後にAIに取って変わられる」と5年以上前にアメリカの有名人が演説したことに端を発します。実際に米国では、とても人気の高かった放射線科医への志願者が一時的に急激に減りました。しかし、今ではやはり放射線科医は人気の診療科に戻っており、医師+αのダブルライセンスが普通な米国では、ITの素養を持った若い放射線科医がどんどん活躍して、臨床経験で感じた事をAIにやらせてベンチャー企業を立派に立ち上げています。

おそらくAIが医療に導入されてまず役に立つことは、処方とか経過観察で受診する患者さんへの対応だと思います。決まり切った処方や診療のために多くの医療リソースが使われていますので、患者さんにとっても医療従事者にとってもとても便利になるはずです。(もちろん、日本の政府が柔軟に法律を変更してくれる必要がありますが。)

また、世界の1/3が日本にあると言われるCT装置やMRI装置を使った画像検査に対して、AIを使った意思決定支援(CDS)を使う事で、患者さんにとって余分な検査を減らして、必要な適切な検査が行われるようになります。これまでは、放射線科医に期待されていた役割でしたが、放射線科医の絶対数が足らない事により、私たち放射線科医が十分に出来ていなかった仕事です。このような大切な仕事をAIが肩代わりしてくれます。放射線科医に限らず、これまで医師が当然行うべきであったはずなのに、患者さんに適切に提供出来ていなかった医療の部分をいかにAIによる工夫で提供出来るようにするかが、これからの日本・世界の医療を考える上で大切です。

私は、これまで放射線科医は私たちの能力を活かした役割を十分には果たせていなかったと考えています。もし、AIが病気を見付けてくれるようになったら、放射線科医はその結果をどのように解釈したら良いかに力を注ぐことが出来ます。もし、AIがレポートまで記載してくれれば、放射線科医は診療科とのカンファレンスに集中して、複数の診療科で患者さんを総合的に治療するチームの要になることが出来ます。たくさんの診療分野を横断する臨床医として、画像検査を通して患者さん一人一人の相談に乗ることも出来ます。AIに取って変わられる簡単な仕事は、AIに任せてしまいましょう。ただし、誰かがやってくれると思っていることは、意外と誰もやってくれません。自分たちで、AIが患者さんに貢献出来る世界を作る必要があります。世の中が変化するこの10年、20年は、20年先の医療を考える上でもとても刺激的でやりがいのある時代になります。私たちは、この期間で新しい医療・新しい放射線科医像を自分たちで造り出すような意気込みのある若い先生を募集しています。ぜひ、私たちと一緒に20年先の世界の医療を変えられるように頑張っていきましょう。

スタッフ

中島 崇仁 教授

群馬大学 1997年卒
博士(医学)群馬大学
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
日本核医学会 核医学専門医
日本核医学会 PET核医学認定医
マンモグラフィ検診認定医
乳がん検診超音波検査実施・判定医
第一種放射線取扱主任者
日本医師会認定産業医

入江 敏之 教授(水戸地域医療教育センター)

防衛医科大学校 1984年卒
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
日本IVR学会 IVR指導医
日本ステントグラフト実施基準管理委員会 胸部実施医、腹部実施医
IVRデバイスの開発

森 健作 准教授(病院教授)

筑波大学 1994年卒
博士(医学)筑波大学
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
日本IVR学会 IVR専門医
日本ステントグラフト実施管理委員会 腹部ステントグラフト指導医
腹部放射線診断
IVR(特にvascular IVR)

Vascular IVR
IVR前後の画像評価法について
躯幹部の非造影MRA

「注腸造影と16列検出器CTによる大腸病変診断能のROC解析による比較」科学研究費 若手研究(B)2004年度~2005年度
「非造影MRIによるステントグラフト内装術後のエンドリーク検出法の確立」科学研究費 基盤研究(C) 2012年度~2015年度

肝血流動態イメージ研究会 板井悠二賞 2008年
日本医学放射線学会 板井研究奨励賞 2008年
日本医学放射線学会 優秀論文賞 2010年
日本IVR学会 優秀論文賞 2011年
インターベンション隊長的な感じです。
難しい手技でも簡単にこなしてしまう。往年の川相みたいです。
いざというときに頼りになるIVRのボスです。
着実堅実などっしりとした雰囲気の先生。
IVR時のオーラは比類なきもので、他 病院のレジデントからも憧れを抱かれている。

原 唯史 准教授(応用分子イメージング学・寄付講座)

福井大学 1999年卒
博士(医学)京都大学
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
日本核医学会 専門医
核医学診断
FDG-PET診断
FDG-PETを用いた悪性腫瘍診断
やさしいお兄さんです。
つくばに来て間もないのに、つくばのこと何でも知ってます。
関西系のおもしろいPET専門医です。
バランス良い診断をする家族想いの先生。関西弁を話す。両手と足でキーボードとマウスを使いこなし、口ではディクテーションを行う、ドラマーのような姿が目撃されている。

岡本 嘉一 講師

福岡大学 1997年卒

博士(医学)福岡大学
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
運動器のMRI診断
スポーツ外傷の画像診断
骨格筋のMRI
「骨格筋拡散テンソル画像の臨床応用の試み」科学研究費 若手研究(B) 2009年度~2011年度
多角的なMRI評価を用いたスポーツアスリートの筋コンディショニングの試み 基盤研究C 2014年度~2017年度
「骨格筋拡散テンソル画像の臨床応用の試み」科学研究費 若手研究(B) 2009年度~2011年度 多角的なMRI評価を用いたスポーツアスリートの筋コンディショニングの試み 基盤研究C 2014年度~2017年度
骨軟部に魅入られてしまったようです。
飲み会で活躍します。
サッカーとお酒が大好きな骨軟部領域の専門家です。
飄々として骨軟部をサクッと診断していく、スポーツ大好きなお兄さん先生。

斎田 司 講師

筑波大学 2003年卒

博士(医学)筑波大学
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
マンモグラフィー読影医
超音波専門医・指導医(総合)

非造影MRA

北米放射線学会 Certificate of Merit 2019年
北米放射線学会 Certificate of Merit 2017年
日本医学放射線学会 板井研究奨励賞 2015年
北米放射線学会 Certificate of Merit 2014年

筑波大学で(Super)General Radiologistを目指し、ともに楽しく働きましょう(^^)/

星合 壮大 講師 (医局長)

鳥取大学 2007年卒

博士(医学)筑波大学
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
日本IVR学会 IVR専門医

「TACE不応肝細胞癌に対する新たなTACE(RAIB-TACE)の確立」 2019年度~2022年度/科研費 基盤研究(C)

日本医学放射線学会総会 Cypos賞 Platinum 2021年
日本医学放射線学会秋季臨床大会 優秀演題賞 2020年
腹部放射線学会 打田賞 2019年
日本医学放射線学会総会 Cypos賞 Bronze 2019年
日本医学放射線学会総会 Cypos賞 Bronze 2018年
Best of BJR 2017
腹部放射線研究会 打田賞 2012年

豊富な症例、教育する環境、放射線診断学を学ぶのに不足はありません。

石黒 聡尚 講師

東京大学 2009年卒
日本医学放射線学会 放射線診断専門医

腹部放射線研究会 打田賞 2017年

一言では済まなかったので別コーナーに掲載しました(編集者:森)

酒井 正史 講師

鹿児島大学 2010年卒
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
北米放射線学会 Certificate of Merit 2020年
放射線科に興味がある方は是非一度見学にいらしてください。筑波大学で研修する良さがわかっていただけると思います。

天野 太史 病院助教

旭川医科大学 2014年卒
日本医学放射線学会 放射線科専門医
私は放射線科医を目指すにあたり様々な施設を見学し、筑波大学を選択しました。筑波大学は全国に先駆けてレジデント制を導入しており、「教育」の文化が根付いている点は大きな魅力です。他大学、他研修施設からの入局者も多く、自分のようなよそ者でも非常に居心地よく過ごしております。興味あれば是非一度、見学にお越しください!

レジデント

澁木 紗季

自治医科大学 2009年卒

日本内科学会 認定内科医
日本医師会  認定産業医

放射線科は、救急疾患から慢性期疾患、がんなど様々な疾患の診断から治療まで携わることができ、とても奥深くやりがいのある分野です。筑波大学は教育体制が整っており、1つの検査から多くを学べます。少しでも興味のある方はぜひ見学にお越し下さい。

阿部 哲也

全身ほとんどの領域で診断(と時にIVRによる治療)に関わることになるのが放射線科の大きな魅力であり大変なところだとも思っていますが、筑波大学の放射線科はどの領域で もエキスパートな先生方に詳しく教えてもらえて本当にGeneral radiologistになれます。興味のある方は是非見学にいらしてください。

武井 洋平

福井大学 2015年卒
何科にしようか迷っている方はぜひ放射線科へ。色々学べます(generalな知識が身につきます)。手技出来ます(エコー、IVR、ドレナージetc)。患者さんとお話しします(ときどき)。お待ちしております。

益岡 壮太

群馬大学 2015年卒
北米放射線学会 Certificate of Merit 2019年
教育熱心な先生方からあついご指導をいただく毎日を過ごしており、筑波大学はレジデントにとって本当に恵まれた環境だと痛感しております。どこに入局しようか迷っている方、少しでも放射線科に興味のある方はぜひ一度、見学にお越しください。

吉田 美貴

新潟大学 2015卒
胸部X線、CTなど、治療方針にかかせない画像診断。当たり前のような検査ですが、X線一枚とっても、自信をもって読影できますか??どんな検査でも、患者さんは少なからず負担や苦痛を伴います。そうして得た画像を正しく診断できるよう、筑波でともに楽しく画像診断を学びましょう!詳細はwebと見学で!!

井上 慶

宮崎大学 2016年卒
筑波大学では消化管造影やエコーを含めた広幅広い手技を経験できます。自分のペースで読影や勉強ができる環境も魅力的です。放射線科に興味をお持ちなら是非一度お越し頂ければと思います。

漆原 愛子

香川大学 2017年卒
産業医
他科からの転科希望や社会人経験者のあなた、めっちゃウェルカムです、仲間がいっぱいます。

根本 英比古

山口大学卒
筑波大学ではさまざまなモダリティの画像検査について学ぶことができます。放射線科に興味がある方はぜひ見学にいらして下さい。

杣川 知香

幅広い分野を学ぶことができる教育的な環境が整っているところに魅力を感じ、入局しました。放射線科に興味のある方はぜひ一度見学にいらしてください。

加賀屋 駿

筑波大学卒

望月 直人

名古屋大学 2018年卒
私は学生実習の時から本科に漠然と憧れていて、学外実習でも放射線診断を1ヶ月選択しました。そして研修医の時に地元に戻り、筑波大学の放射線科を3ヶ月ローテートさせていただきました。全ての科に関われるという魅力はさることながら、改めて他の人が見えないものをみつけるというプロフェッショナリズム、同じものを診ていても見抜くという技能に憧れ、本大学の放射線科への入局を決意しました。私の師匠曰く、「放射線診断は1に解剖、2に解剖、3,4がなくて、5に解剖」です。(ちなみに師匠は「1に○○、2に○○…」といつも鼻歌混じりに説いてくださいますが、毎回○○に入る語句は異なるので、↑はある日の師匠の言葉です。)私も数ある診療科、数ある職業の中で、唯一生きている人間をほぼ非侵襲で解剖できるのが放射線科だと思っています。人体におけるX線の吸収や磁場の共鳴などを媒介として、生きている人間の実体や、時にその機能をも解剖することができる当科は私にとって楽園です。学生時代の系統解剖では味わうことのできなかった、当科における人体解剖の魅力を皆さんに1日でも早くお伝えできるだけの実力がつくように、ゆっくりですが着実に「1に解剖、2に解剖…」と日々学んでいきたいと強く誓う所存です。

渡邊 大介

外病院所属

菊地 俊介

岐阜大学  2011年卒
日本医学放射線学会 放射線科専門医 麻酔科標榜医
筑波大学ではgeneral radiologistの育成に力を入れており、幅広い知識を習得するのに最適な環境です。教育熱心な先生方のご指導のもと、充実した日々を送っております。放射線科に少しでも興味をもたれた方は是非見学に来てください。

宮坂 祐輔

信州大学 2014卒
日本医学放射線学会 放射線科専門医
当院では単純X線をはじめ様々な検査を幅広く研修することができます。放射線科に少しでも興味のある方、見学をお待ちしております。

教室の沿革

筑波大学 放射線診断・IVR教室は、1976年に初代・秋貞雅祥教授(~1990年)に始まり、腹部画像診断を専門とする板井悠二教授(1990年~2003)、画像診断全般で一流の南学名誉教授(2004年~2019年)、そして、2020年から中島崇仁が教室を引き継いでおります。

私がレジデントの頃にはIVRを中心に研修していたことから、当時の板井教授のデンプンを使った塞栓物質や血管撮影中にCTを撮影するCTAPCT during arterioportography)などのご講演を拝聴して感銘を受けて、世界第1号のシーメンス社のangio-CTを使って実践に取り入れていた思い出があります。南名誉教授は日本中の放射線科医であれば知らない人がいない臨床画像診断のプロフェッショナルです。

このような伝統を受け継ぎ、当教室では古くからgeneral radiologistを育成するレジデントプログラムが確立されています。「頭のてっぺんから、足の先まで」広い分野の画像診断やIVR・核医学などのトレーニングを行う事が可能です。これまで筑波大学からご高名な放射線科専門医が数多く生まれていることが筑波の伝統が正しい事の証明になります。

 これからの教室の方針としては、これまで以上に多くの優秀な放射線科医を育成することの他に、茨城県の放射線科医不足を解消するための遠隔画像診断ネットワークの構築と、中島の専門である分子イメージング(核医学・PET・光イメージング・光免疫療法など)の研究による更なる広がりを目指すことで、より教室を発展させていくつもりです。

ご寄附のお願い

私たちの教室では、画像診断やIVRに関する研究の発展、 新しいモデダリティの応用・発展、放射線診断医の育成などを目的とした寄附へのご協力をお願いしております。

皆様よりご寄附いただいた寄附金事業は、これらの活動を充実、発展させていくために役立たせていただきます。

私たちは、今ある放射線診断やIVRをより発展させ、将来必要とされる診断や治療を未来の患者さんのために開発していけるよう、日々研鑽を行って参ります。みなさまのご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。

令和42月吉日

筑波大学医学医療系 放射線診断・IVR

教授 中島 崇仁

寄附金事業について

筑波大学では民間企業や企業の篤志家の皆様より、学術研究や奨学を目的とした資金を寄附金として受け入れています。この寄附金は宛先を指定可能で、当該領域の学術研究の振興・活性化に極めて重要な役割を果たしています。ただし寄附をしたことにより、診察・治療・分析などへの対価を求めることはできません。

使用目的

筑波大学医学医療系 放射線診断・IVR学教室に対する寄附金は、以下の様な目的で使用されます。

・画像診断・分子イメージング・IVRに関する基礎的研究の推進
・光免疫療法の橋渡し的研究に関する基礎的・臨床研究の推進
・画像診断学・IVRに関する論文発表・学会発表への補助
・臨床データの解析やオミクス解析に携わる人材の雇用
・その他の放射線診断学の発展に必要と考えられる用途

ご寄附の方法

筑波大学基金のページにアクセスして頂き、右上にある「♡寄附をする」ボタンをクリックしてください。

寄附目的の欄で
「その他の寄附目的」を選択してください
「その他(ご寄附先をご記入ください。)」を選択してください

詳細の欄で
「医学医療系放射線診断IVR科」と入力してください

その後は、表記されている項目の選択や入力をお願いいたします。